09.Dec.2013

伊豆稲取雛のつるし飾り*

昨日は、1人で初めての伊豆稲取へ行って来ました
何と自宅から片道4時間・・・
寒かったですが、遠いながらも
海を見ながら、伊豆へ向かって走る電車に乗るのは
日常を忘れさせてくれて、とても良かったです

特に伊豆は昔から旅行へ行ったことやボランティア活動で
行った経験から思い入れ深い大好きな街です

伊豆稲取の駅に降りた時に撮影しました↓
稲取は、雛のつるし飾り発祥の地です



ということで、昨日まで雛のつるし飾り
秋の展示が行われていた文化公園を目指しました



「駅から15分位で着くよ」と駅員さんに言われ歩いていましたが、
海沿いを通ってしまったため道に迷って偶然にもたどり着いたのが
雛のつるし飾りの製造販売を行っているポート黒田様
奥様が一つ一つ手作りで作られているストラップの
桃には厄払いの意味があるそうです
(可愛いストラップは、お守りとしてカバンに付けさせて頂きました)
他にも雛のつるし飾りに込められた思いや由来なども
丁寧に教えてくださいました



何度か道行く人に文化公園への行き先を訪ねながら
ようやくたどり着くことができました(^_^;)

そもそも皆さんは雛のつるし飾りという存在を知っていましたか?
日本三大つるし飾りには、
山形の酒田傘福、福岡の柳川さげもん、伊豆稲取の雛のつるし飾りがあります。
入口正面にあった雛のつるし飾り↓


長女の初節句に、無病息災、良縁を祈願して、雛壇の両脇に細工を吊すもので
親から子への伝統の継承は長く続いた大切な歴史でもあります。



文化公園の受付の方も公園内でお会いした方も
とても優しくて、初めて会ったにも関わらず
色々と応援してくださったりもして、とても嬉しかったです

その後は、受付のおばさまに教えて頂いた
万福亭という場所で、伊豆稲取のB級グルメでもある
肉炒飯を食べてきました



卵とご飯を混ぜ合わせた上にあんかけの肉野菜炒めを乗せた
シンプルなものですが、とっても美味しかったです
(寒さと緊張で半分しか食べられませんでしたが・・・泣)

その後は、 プロが選ぶ日本のホテル旅館100選』という業界誌で
毎年おもてなし部門で 1位に選ばれている銀水荘へ伺いました。
お出迎えやお見送りを始め、館内の隅々まで
清潔感溢れた作りで、目の前には伊豆の海が広がる
素晴らしい眺望でした

白波や夕日が差している姿は、本当に美しく
今度は是非宿泊させていただきたいなと思いました

短時間の間でしたが、伊豆稲取の人の優しさ・温かさに触れ
素敵な思い出ができた1日が過ごせたことに感謝しています。
また、是非足を運びたいとともに
もっともっと稲取のことを
知りたいと思いました。
この日お会いした全ての皆さまへお礼と敬意を込めて。



。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。:+* ゜
Rina*
。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。.。:+* ゜ ゜゜ *+:。.。:+* ゜
1 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ