編集部|マンガ

「私は私。可愛く、強く!」話題の“メンタル強め美女白川さん”が誕生したきっかけとは?【インタビューvol.1】

「自分を好きですか?」と聞かれて、自信をもって「はい!」と肯定できる人はどれくらいいるだろう。より他人の“素敵なところ”“成功している姿”が見えやすくなりがちなSNS社会の現代では、むしろ「自分なんて……」と自分を卑下してしまう人が多いかもしれない。もっと自分を好きになれたら、もっと自信を持てたらどんなに生きやすいか――。

そんな自己肯定感が低めな女性に……いや、この現代を生きる全女性に読んでほしい一冊が『メンタル強め美女白川さん』(獅子/KADOKAWA)。Twitterで大反響を呼び書籍化された同書の主人公は、「あざとくても可愛くいたい!」がモットーのOL・白川さん。白川さんは、同性に嫌味を言われても、マウントを取られても、自己肯定感たっぷりの返しで華麗にかわしていく“メンタル強め美女”なのだ。

今年8月には待望の第2巻が発売した同書だが、はたしてどのようにして誕生したのか、込められた思いとは――。著者の獅子さんにインタビューを実施。全3回にわたりお届けする。インタビュー第1回目は、白川さんが生まれた背景、白川さんを描く上で絶対に“ぶれない”よう気を付けていることについて。

「もし、美人でメンタルの強い人に生まれていたら…」から始まった

――〈女子の自己肯定感が世界を救う!〉がキャッチフレーズの『メンタル強め美女白川さん』。もともとはTwitterに投稿していたマンガなんですよね。

獅子さん(以下、獅子) そうなんです。「私が美人で、かつメンタルの強い人に生まれていたら、きっと人生楽しかっただろうな」っていう妄想から生まれました。女性の方が読んで楽しんでくれるといいな、とは思っていましたけど、1話限りのつもりだったので、書籍化されるなんて思ってもみなくて。白川さんって名前も「なんか素敵そう」っていうだけの理由でなんとなくつけちゃったままで(笑)。それが、よもや2巻まで出させてもらえるなんて……! と感無量です。

――その記念すべき1話が、1巻冒頭のカラーマンガ。会社で一番人気の男子から言い寄られたのをきっかけに女子に嫌われ、「男をはべらせてる」「部長とデキてんじゃないの」と言われる白川さんの、何を言われても〈笑顔でいた方が自分も楽しい〉〈私は私 可愛く、強く!〉というマインドが潔くてカッコいいです。
pattern_1
獅子 白川さんがメンタル強くいられるのは、美人だから当然じゃんって思う人もいるかもしれないけれど、仮に私が容姿に恵まれていたとしても、周囲から「ぶりっ子」と陰口を叩かれたら、やっぱり、下を向いちゃうと思うんですよ。まわりの目を気にしてわざと声を低くしたり、男性には不愛想に接するようにしたりするだろうし、「自分は自分」なんてとても思えない。

――でも白川さんは、いつでも前を向いている。ナンパを断ったらブスやババアと罵られ、女性からは「大して可愛くないじゃん」など言われると聞いた同僚の町田さんが〈つらかったでしょう?〉と聞いて、〈そんな失礼な人の美意識とか 信用するに値しなくないですか?〉と返す場面も爽快でした。
pattern_1
獅子 あれは1巻でいちばん反響の大きかったエピソードでした。ということはおそらく、世の中の多くの女性が、他人から容姿のことをとやかく言われて傷ついた経験がある、ということだとも思います。その傷を、もしかしたら大人になった今も癒せずに、自信を失い続けているかもしれない。簡単に忘れることはできないかもしれないけど、このマンガを読んで、白川さんの言葉を聞いて、少しでも心が軽くなってくれたらいいなと思っています。
次のページ>>“ぶりっ子”はなぜ嫌われてしまうのか  
40 件

キーワード

バックナンバー(全0話)

1話~

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ