マンガ
【漫画】試し読み

【マンガ試し読み】第1話・顧客を動かす「真のニーズ(動因)」【マンガでわかる ゲストの心を離さない「ライザップ式接客術」】

ライザップの強みは「やり切らせる」こと。ではなぜ、ライザップは「やり切らせる」ことができるのか? その秘密は「ライザップ式接客術」にあった!
そんな「ライザップ式接客術」を分かりやすく解説した『マンガでわかる ゲストの心を離さない「ライザップ式接客術」』を特別にお試し読み♥

アパレルショップで働く茜。最近、売り上げが伸びないことに悩んでいるが…。
「プロは顧客のニーズを理解すべき」と話す巽さんと、巽さんにライザップ式接客術を教えてくれたというトレーナーの幕田さん。この2人との出会いが、アパレル店員として…そして、1人の女性としての茜の運命を変える!

顧客を動かす「真のニーズ(動因)」

「相手が何を求めているのか?」を把握することが、相手を動かす武器にもなる

ライザップでは新規のゲストの方には、カウンセラーによるカウンセリングとトレーナーによる初回オリエンテーションをそれぞれ受けていただきます。これはもちろん、ゲストの日常における(ボディメイク上の)問題点を把握したり、ゲストの目標(目標体重や目指す体型)を設定したりするために必要です。
 しかし、このカウンセリングの一番の目的は、ゲストがなぜ「痩せたい」と思っているのか、その心の奥底にある「真のニーズ(動因)」を引き出すことです。
 「真のニーズ」について、ゲスト自身がうまく言語化できていない場合もありますが、しっかり寄り添って真のニーズを引き出し、それを把握することをライザップでは重要視しています。なぜなら、相手が悩んでいるような問題や課題を解決するような商品やサービスを提供することによって初めて、顧客を満足させることができるからです。
pattern_1
どんなに優れた商品やサービスを持っていても、相手の真のニーズ(課題)を把握し、それを解決する形で提案できなければ売ることは不可能です。これは営業マンのノウハウである「課題解決型の営業」と同じ考え方です。接客術の場合、この営業における「課題」は、そのまま顧客の「真のニーズ」に置き換えられます。
だからこそ、顧客の「真のニーズ」を把握することこそが、「ライザップ式接客術」の第一歩なのです。

次回更新は8月3日(日)予定。お楽しみに♡

マンガでわかる ゲストの心を離さない「ライザップ式接客術」

pattern_1
幕田 純 (原著)、 NICOMICHIHIRO (著) 定価 : 本体1200円(税別)
 
13 件

キーワード

バックナンバー(全0話)

1話~

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ