編集部|マンガ
13.Dec.2020

「夫婦関係も婚活も自分を冷静に見つめなおすことが大事」モヤモヤしているアラサー女子へのアドバイス【漫画家・ひうらさとる先生インタビュー】

大ヒット漫画『ホタルノヒカリ』を生み出した漫画家・ひうらさとる先生が、漫画アプリ『Palcy(パルシィ)』にてスタートした新連載『聖ラブサバイバーズ』。アラフォー女性たちが性愛について向き合い、ハッピーエンドの“その先”をテーマにした本作ですが、この度第1巻発売を記念して、ひうら先生にインタビュー! インタビュー最終回となる今回は、ひうら先生にとっての「結婚」について、そして結婚や仕事に悩むアラサー女性へのアドバイスなどについてお伺いしました。

婚活迷子になりかけたら“分析”してみるといいかも

――『聖ラブサバイバーズ』における結婚は、決してゴールではなく、ともすると永遠に逃れられない“枷”になりかねないものとして描かれています。ひうらさんにとって、結婚とは、どういうものですか?

ひうらさとる先生(以下、ひうら):私の場合は、関わる人が増えて世界が広がるきっかけだったかなと思います。単純に、ひとりで暮らしていたところに夫が増えて、娘が増えて、自分のテリトリーを構成する人数が変わったというのもありますが、家族ぐるみの付き合いみたいなものも増えたんですよね。大人同士だとかしこまっちゃうような出会いでも、小さな子供を抱いていると「何カ月ですか?」と会話のとっかかりにもなる。結婚も出産もしなきゃいけないものとは思わないし、向き不向きもあるけれど、自分の居心地がより良くなるイメージがもてるならば、してみてもいいんじゃないかなあ、と思います。

――with onlineの読者は20代後半から30代前半が多いんですが、その年頃って一番、結婚や仕事に悩むと思うんです。仕事を続けたい、でも子供もほしい、だったらはやく結婚したほうがいいけど、でも……という。あるいは結婚したくても出会いがなかなか見つからなくて、やっぱり年齢に焦ってしまう。

ひうら:わかります。仕事は頑張れば頑張るほど結果がついてくるし、30歳になる手前が経験も積んできたあたりで頑張りどきだと思うから。でも結婚は……飽きるほど言われていると思いますが、本当にタイミング次第なので、努力はほとんど関係ない。婚活していてうまくいかなくても、自分のせいだなんて思う必要はまったくないと思うんです。ただ、努力の方向性がずれている可能性はあるから、仕事を進めるのと同じ要領で、婚活のフィードバックをしてみるといいかもしれません。

――フィードバック?

ひうら:「今回、うまくいかなかったのはなぜだろう?」と分析してみる。あるいは自分の求めている条件を書き出してみる。そうすると「自立した女性を好む男性を探しているのに、コンサバなワンピースを着て控えめにしていたら、お互いミスマッチが起きるな」とかわかるかもしれない。意外とそのあたりが曖昧なまま、やみくもに相手を探している人も多いのかな、と思います。でもそれじゃあ、疲れてしまうでしょう。失敗しても、その分析経験は仕事にも活かせる、くらいのつもりで楽しんだほうがいい気がしますね。妥協しても無理なものは無理ですし、うまくいっても、それこそ永遠に逃れられない枷になりかねないから、少なくとも自分の譲れない望みはクリアにしておくといいと思います。
次のページ>>夫婦関係も婚活も自分を冷静に見つめなおすことが大事  
19 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ