マンガ
【漫画】いま読みたい漫画

TVドラマ化で話題!「婚姻届に判を捺しただけですが」と考える、結婚する意味【いま読みたい漫画 第4回】

パートナーとの関係に悩んだり、仕事がうまくいかなくて落ち込んだり、友人に言われたことで心が少し傷ついたり、一方で同じような毎日すぎて刺激がなくつまらないと思ったり……。
日々は絶望的なわけじゃないけど、やっぱりなんだかうまくいかないこともあって、疲れる。

そんな私たちにそっと寄り添ってくれて、そして少しだけ前向きにさせてくれる、「いま読みたい漫画」を、元少女漫画編集者のフリーライター井上明日香さんが紹介します!

第4回はTVドラマ化、累計70万部(紙+電子)突破と話題続々! 毎日が楽しいのに結婚する意味って? 即席偽装結婚夫婦の“不意キュン”ラブコメ「婚姻届に判を捺しただけですが」(有生青春)。

毎日が楽しくて満足しているのに、結婚する意味って何?

_____14.1%。

なんの数字かというと「女性の生涯未婚率」です。(国立社会保障・人口問題研究所の2020年版「50歳時の未婚割合」より)そもそも生涯未婚率とは「50歳時点での結婚未経験者の割合」のことで、ざっくり計算すると女性の6〜7人に一人が50歳までに一度も結婚を経験したことがないということになります。

私はいま30代前半で結婚未経験。仕事も趣味も超楽しくて、今すぐに結婚したい!という気持ちも薄いので、正直この数字を見たときは、思ったよりも割合が高くてちょっとホッとしました。

ですが、30代ともなってくると「結婚しておいたほうがいいのかな…」と思い悩むこともしばしば。実家に帰ると親戚から「いつ結婚するの? いい人はいるの?」と詰め寄られるし(悪気がないのはわかっているだけに気まずい…)、また、住宅ローンや税金の控除も、結婚していた方が有利に働くと聞いたことがあるし…。

「この人は運命の人だ!」なんて、大恋愛の末の結婚に憧れていた時期もありました。でも、この歳になってくるとそんな経験をしている人は少数派、現実はもっとシビアで、それでも生きていかなくちゃいけないということがわかってきます。
 
今回紹介する漫画『婚姻届に判を捺しただけですが』(祥伝社)の主人公・明葉も、結婚願望はまったくないのに、生き抜くために結婚を選んだ女子です。仲のいい女友達の中には結婚している子もいるけれど、趣味や夢に生きて独身の子もいるし、結婚を焦る気持ちは0。
pattern_1
明葉自身もデザイナーとしてバリバリ働いており、家に帰るとお気に入りのソファで「おひとり様」時間を満喫する27歳。
pattern_1
次のページ>>「欲しいのは既婚者という肩書き」<無料試し読みはこちら>  
27 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ