エンタメ
いい男に会いたい!
01.Jan.2018

読者の見たい!にお答えしました「同僚のオフィス男子 竹内涼真」

同僚の憧れオフィス男子♡竹内涼真

読者から寄せられた希望をもとに「同僚のオフィス男子」を軽やかに演じてくれた俳優の竹内涼真さん。真剣な眼差しも、少し悩んでいるような様子も胸キュンせずにはいられない。2017年、大躍進を果たした一年を振り返るとともに、その素顔にも迫りました。
pattern_1

僕はまだまだ発展途上です

スーツをパリッと着こなして登場してくれた竹内涼真さん。
「なんだか、仕事できそうじゃないですか(笑)」と、はにかむ笑顔がとっても爽やか!
「プライベートではスーツを着る機会が全然ないので、1着しか持ってません。スーツはやっぱり気持ちが引き締まりますし、私服として着てもしっくりくるような男になりたいですね」

僕らの仕事は、見てくれる人がいて成り立つもの

2017年は、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』での主人公と恋に落ちる大学生役、ドラマ『過保護のカホコ』での画家志望の大学生役、『陸王』でのランナー役など、話題作で重要な役どころを経験。大ブレイクを果たした一年だった。
pattern_1
「2017年は自分が試される場がたくさんあった年でした。たとえば『ひよっこ』では、ドラマ自体は半年間ありますが、僕が出演するのはその中の限られた期間だけ。短い期間でどれだけ印象を残せるか、試されているような気がしたんです。『過保護のカホコ』も、これまで演じたことがないようなタイプの役柄で試行錯誤の連続でしたが、多くの反響があってうれしかったですね」

意外なことに、出演作や自身の役柄についての評判をインターネットで検索することもあるのだとか。
「やっぱり、自分の演技や出演作がどんなふうに見られているのかは、気になります。僕らの仕事は、見てくれる人がいて成り立つものだと思うから。自分の演技に満足できたことですか? ほとんどありません。前回できなかったことが次の現場ではできるように、自分を一歩ずつステップアップしていけたら……と思っています」

 現場では、先輩俳優の振る舞い方を見て学ぶことも多いのだそう。
「やはり、長年活躍されている方には、大勢のスタッフさんに慕われるような〝何か〞があるんですよね。僕らはたくさんの人に支えられてカメラの前に立っているので、それを忘れて思いあがっちゃいけないなって。感謝の気持ちを忘れずに、いつもていねいに人と接していきたいと思います」

一歩ずつ自分をアップデートしていけたらいい

これだけ多くの人に知られるような存在になっても、あくまで謙虚。そんな彼の目標は、「国民的俳優」になること。
pattern_1
pattern_1
「もう、すでに目標に近づいているのでは?」と尋ねると、「いえいえ、全然です!」と首を横に振った。
「『日本の俳優といえば?』とアンケートを取ったときに名前が挙がるような俳優になれたら……と思いますが、僕はまだまだ発展途上です。50歳ぐらいになった時に、目標を達成できているようにがんばりたいです!」

夢は大きく、努力は着実に――。そんな言葉がピッタリの竹内さん。こんながんばり屋のオフィス男子が職場にいたら……。妄想するだけで、やる気が倍増すること間違いなしです!
次回は、竹内涼真さんに8つの質問をしました! 恋愛から、結婚願望まで、気になる回答は1月2日UP予定です。
20 件

キーワード

あなたへのおすすめ