エンタメ
いい男に会いたい!
12.Jan.2018

第4回 高橋一生さんの感じる"オトナの色気"とは?

左右対称ではない部分に、生々しさを感じてしまうんだと思います。

映画『嘘を愛する女』(1月20日公開)で長澤まさみさんと恋人役を演じた高橋一生さんに、6つの質問をしました。高橋一生さんが感じる"オトナの色気"とは?

pattern_1

Q 多くを語らない役柄が多いですが、普段も秘密主義?

僕自身が何も考えずに話したことでも、相手から深読みされてしまう傾向があるんです。質問に対して回りくどい言い方で返すからか、「秘密なんだ」って思われてしまうみたいで。仲のいい友人に「嬉しい」と言っても、「本当に思ってる?」と言われることもあるくらいです。余計な誤解を生まないように気をつけたいと思っています。

Q ドラマや雑誌のグラビアで色気を求められる心境は?

2017年は雑誌の企画など、今でしかやれないお仕事が多かった気がします。それこそ、今日のように「シャツのボタンをどこまで開けるか」という話が出ることはこれまでになかったので、面白い体験ではあります。自然と方向転換する時期がくるはずですし、求められなくなるまではやっていようと思います。

Q 肉体的な色気を磨くためにトレーニングはしている?

普段はなるべく太らないように気をつけているくらいで、特別なことは何もしていません。ただ最近は、今後の仕事のために体を作ろうと思っているので、忙しくてもしっかり食事をとることを意識しています。トレーナーの方から定期的に「ちゃんとお肉を食べていますか?」という連絡が入るので、怠けられないんです(笑)。

Q 過去に数回共演している長澤まさみさんの印象は?

うまく言い表せないけれど、「ふわふわ」という4文字が似合う人だと思います。女優として内面に確固たる芯があるんだけれど、流動的で、どこにも留まらないイメージ。不思議な浮遊感みたいなものを纏っている人です。それは、まだ彼女が10代のときに映画『世界の中心で、愛をさけぶ』で初共演したときから、ずっと変わらない印象です。

Q 女性のカラダのどの部分に色気を感じますか?

それこそ『嘘を愛する女』では長澤さんが演じた由加利の〝ほくろ〞にフォーカスするシーンがあったのですが、そこに惹かれてしまう感覚は僕も分かります。左右対称ではない部分に、生々しさを感じてしまうんだと思います。

Q 最近ハマっている休日の過ごし方は?

車を運転する機会が減ってしまった反動もあって、最近は自転車に乗る頻度がどんどん増えています。休日は自転車を持ち込めるカフェに行ったり、ローラー台を使って自宅で自転車を漕ぐことも。移動が少ない日は、撮影現場まで自転車で行くことも多いです。もはや車がなくても生きていけることに気づきました(笑)。
18 件

キーワード

あなたへのおすすめ