エンタメ
いい男に会いたい!
14.Dec.2018

【青柳 翔×町田啓太×鈴木伸之】3人が撮影で得た教訓とは!? 映画『jam』公開中!

成功も失敗も。すべては〝因果応報〞ということ

劇団EXILEメンバーが総出演する映画『jam』。劇中で圧倒的な存在感を放つ3人が、撮影で得た教訓とは!? キラリと真理が光る、絶妙なトークを披露してくれました。

仕事への向き合い方が自分の評価を左右する

善い行いは善い結果をまねき、悪い行いは悪い結果をもたらす……。劇団EXILEのメンバーが総出演している映画『jam』は、〝因果応報〞が物語のキーワードになっている。
青柳 「登場人物の様々な想いが交錯して、最後まで何が起こるか分からない作品になっています。皆さんも、劇中で起こるようなトラブルに巻き込まれないように、日頃から善い行いを心がけていただきたいです(笑)」
それぞれが飛躍を続ける人気俳優の彼らも、これまでに〝報い〞を実感する出来事が何度もあったという。
鈴木 「僕は以前、アクション映画の撮影で両手を骨折したことがあるんです。あの時は、スケジュールの関係で充分にリハーサルができなくて……。まさに因果応報。準備は大切です!」
町田 「単純に、日常生活でも他人の悪口を言えば自分に返ってきますよね。だから、なるべく初対面の人の善いところを探して好きになったほうが、何かと善い結果を招く気がします」
青柳 「それは仕事も同じだよね。自分には向いていないような役柄に巡り合っても、しっかり向き合って取り組めば、作品がヒットして褒めていただける。逆に、中途半端な気持ちでやっていると結果的に自分の評価を下げることも。つまり、これが……」
全員 「因果応報です!」
お見事。決め台詞も息ぴったり。
鈴木 「なんか俺たち、怪しい団体みたいになってませんか?」
青柳 「でも、今回は劇団のメンバーと監督やスタッフさんが一丸となって作品を作ることができたので、必ず皆さんに楽しんでいただけると思います」
町田 「善い反響が得られれば、続編が作れるかもしれませんね」
鈴木 「そうなったら、まさに……」
全員 「因果応報です!」

次のページは>>メンバーの共通点は「協調性がないこと」!?

30 件

キーワード

あなたへのおすすめ