エンタメ
いい男に会いたい!
14.Jun.2018

【俳優 崎山つばさ インタビュー】仕事で身につけたものが自分の武器になった。

仕事で身につけたものが自分の武器

withで好評連載中の「2.5次元と飛躍」。
今回は、2014年にミュージカル「刀剣乱舞」で初舞台を踏み、その後も大きな活躍を見せている崎山つばささんを大特集しました!

芝居に、歌に。仕事で身につけたものが自分の武器になった。

pattern_1
「いい意味で、異様な空気を感じたんです。居心地のいい異空間というか」
 ステージに立ってみたい。先輩の舞台を観て、演技というものに魅了された崎山つばささん。大学卒業後、芸能事務所に入り、モデル活動を始めようとした矢先の出来事だった。先輩が立つ舞台との偶然の出会いから約3年後、2014年に初舞台を踏む。翌年、一つの転機となる、かの有名なミュージカル『刀剣乱舞』と出会う。役名は石切丸。平安時代の作といわれる刀だ。
 「衣裳も貴族のような狩かり衣ぎぬを着ているんです。こういった衣裳で踊るのも、そもそも殺陣(たて)をやることすら初めてだったので、所作を勉強しつつ、もがきながらやってましたね」

次のページ>>「実は人前で歌うのは、どうにも恥ずかしかった」

16 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ