エンタメ
いい男に会いたい!
09.Jun.2018

長瀬智也×ディーン・フジオカ×高橋一生 対談【30代。男の色気、仕事の美学】

【対談】長瀬智也×ディーン・フジオカ×高橋一生

今をときめく〝最強の3人〞が、堂々の登場。「奇跡の集合」と評しても過言とならない。三者が集うと、実力と美しさに裏打ちされた各々のオーラに圧倒される。男たちの実像に迫った。
pattern_1

自由気ままな3人旅がしたい! 

まさに〝三銃士〞。働く女子の「憧れの先輩像」を体現する彼らを、こんな風に表現して異論を挟む読者はいないはず。実際に3人は映画『空飛ぶタイヤ』で揃って誇り高きビジネスマンを熱演しているのだが、目の前にすると威圧感は皆無。
「僕らは高画質のテレビがしんどいお年頃ですよ!」と、現場の張り詰めた空気を察した長瀬智也さんが笑いを誘うと、すかさず高橋一生さんが乗っかった。
「10代の頃から変わってないと思うんですけれど。中身は(笑)」。2人に負けじと、ディーン・フジオカさんも被せる。
「しかも、もうじきホログラム映像が身近な時代になるらしいじゃないですか」

 こんな冗談で笑い合えるのも〝大人の余裕〞!?

 冒頭から息の合った掛け合いを見せてくれた3人だが、これまで仕事での接点は少なかったという。長瀬さんと高橋さんの共演は2001年のドラマ「ハンドク!!!」以来で約17年ぶり。その2人と、ディーンさんは今回が初共演となる。同世代の俳優として男の絆を深めた3人に、こんな質問を投げかけてみた。

――もしも3人で旅行に行くなら?

高橋一生さん(以下・高) 「キャンピングカーの3人旅ってどうですか?」
長瀬智也さん(以下・長) 「それ、最高だね! 俺は長距離運転が得意だから、料理は二人に任せるよ(笑)」
ディーン・フジオカさん(以下・デ) 「さすが、頼りになりますね。思い切ってアメリカに行きたいな。長瀬さんには、カリフォルニアの空が似合うはず」
(高)「ディーンさんがいれば英語にも困らないですしね。では、僕はお酒に合うレシピを考えておきます」
(デ)「朝からのんびりしたり、時々プールで泳ぐとか、理想的ですね(笑)。となると、どこを拠点にするのがいいんでしょう?」
(長)「ハワイじゃないかな。最初はハワイぐらいが丁度いいかも。で、ひとつ屋根の下で恋バナするしかないでしょ。ミステリアスな一生君の素顔を覗いてみたい!」
(高)「『意外と好みのタイプ似てるなぁ』みたいな展開があるかもしれないですしね(笑)」
(デ)「そうそう。僕はお酒をあまり飲みませんが、夜、3人でそういうことを話す場をつくったりね」
(長)「もう、みんな大人だしね。いろんな話ができると思う。女子バナももちろん、ありだね。この3人なら、同世代だし笑いの価値観も近そうなので、どんなところに行ったとしても楽しめそうな気がする」
(デ)「僕はたぶん、親バカアピールをしちゃいますね。子供の写真を二人に見せたりして」
(長)「一生君と僕は未婚だから、ディーン君の話を聞いてグッときちゃうんだろうな。そういう話聞くの、プライベートでも好きだから」
(高)「いつにしましょう?」
(デ)「実際の話、この3人の予定、合うのかな」
(高)「その縛りをしたら、とたんに生々しくなっちゃいますよ(笑)」
(長)「でも実現できたとしたら楽しそうだね。確実に!」

次のページ>>「社会人は闘い続けるしかない!」&映画『空飛ぶタイヤ』の魅力とは?

29 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ