エンタメ
恋に効くエンタメニュース
12.Feb.2018

「パラレル大回転って?」女子でもわかる競技ルール&見どころ! スノーボード5競技【オリンピックイケメン選手に恋♡】

数種類あるスノーボード。競技ルール&見どころを簡単に知っておきましょう

今回はスノーボード編。これから行われるパラレル大回転、スノーボードクロス、ハーフパイプ、スロープスタイル、ビッグエアーを見ていきましょう。

pattern_1
写真:ロイター/アフロ

スピードを競う競技と、演技得点を競う競技に分かれます

スノーボードはスピードを競うものと演技得点を競う種目に分かれており、パラレル大回転とスノーボードクロスはスピードを競う競技で、ハーフパイプとスロープスタイル、ビッグエアーは演技得点(技や構成など)を競う種目になります。

まずはイケメンが多い! ハーフパイプからマスター!

スノーボードハーフパイプ競技説明とルール

全長100~150m、全幅15~25mの半筒状のコースの中で、選手が左右の壁でジャンプ(ヒット)を繰り返しながら滑走します。ジャンプの高さと繰り出す技の難易度、構成の完成度で競い合います!

pattern_1
写真:新華社/アフロ

ハーフパイプの見どころは?

採点方法は、競技者の演技を6人の審査員が総合的にジャッジ。
エクスキューション(完成度)、ディフィカリティー(難易度)、アンプリチュード(高さ)、コンビネーション、バラエティー、プログレッション(斬新性)、リスク、テクニカルネイチャー(技術評価)の8つがポイントになってきます。各ジャッジが100点満点で採点し、最高点と最低点を除いた4名のジャッジの平均点が得点となります。

回転数が高く、ジャンプが高いほど点数は上がります

3回の試技のうち、最高得点で競います。バランスを崩したり、手を付くなど安定感に欠けると減点となります。また、ジャンプ中に、しっかりとグラブができていない場合も減点対象です。
70 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ