エンタメ
恋に効くエンタメニュース
09.Jan.2018

第1回 オトナの色気 長澤まさみ×高橋一生対談

長澤まさみ×高橋一生 オトナの色気

何かを探すかのように、体を寄せあう。相手への情熱と憂いの混じった視線。少し乱れたシャツから覗く、肌感。いくつもの要素が複雑に絡みあってため息モノの〝オトナの色気〟を醸し出す。体現する、二人の表現者が語ってくれました。

pattern_1

隠して、想像させる それがオトナの色気

「色気って、〝生き様〞が影響してくると思うんです」
自身の経験を振り返りながら、長澤まさみさんが〝色気〞への見解を語る。
「これまで出会った素敵な女優の先輩は、ちょっとした嗜みや仕草にハッとさせられるような人ばかりで。色気って、日常生活にも潜んでいるものですよね。普段の私は色気とは程遠いタイプだと思っているのですが、先輩たちの面影を追っているうちに、周囲の見る目が変わってきたような気がします」
表面的に取り繕うものではなく、内面から滲み出るもの。「テクニカルなものだけでは出せないと思います」と、高橋一生さんも口を合わせる。

pattern_1
「これ見よがしなお芝居のアプローチでは、姑息にしか見えないというか。最初から服を脱いでいたら、色気は出ないと思います。逆説的な話になりますが、あえて隠すこと、欲情を抑え込むこと、それが人の想像力を掻き立てる色気につながるのではないかと。」
二人は映画『嘘を愛する女』で恋人役を演じたばかり。長澤さんが甘えるような素振りで寄り添うと、高橋さんが微笑みながら受け止める。まるで周囲のスタッフとの間に結界が張られたかのように、瞬時に二人の世界に入り込んで〝オトナの色気〞を体現した。
「その場の空気を摑めば自然と二人の世界に入り込めるものですが、思い切りできるかどうかは相手次第でもあって。一生くんとはこれまで何度か共演してきていたので、安心して撮影に挑むことができました」(長澤さん)
「同感です。今まで築いてきた関係性があるからこそ、スパンが短くても求められている表現に辿り着ける部分があるかもしれません」(高橋さん)
「本当に初対面だったら、自分からは近づけませんよ!」(長澤さん)
「いやいや、正直なところ、昔から知っているからこそ恥ずかしい部分もあったけれど(笑)」(高橋さん)
長澤まさみさん×高橋一生さん対談の続きは、1月10日UP! お楽しみに!
>>PROFILE

高橋一生
1980年12月9日生まれ。東京都出身。映画やドラマ、舞台で活躍中。2018年は映画「blank13」(2月3日公開)、「空海-KU-KAI-」 (2月24日公開/日本語吹替版)などに出演。
映画「blank13」 公式サイト http://www.blank13.com/
映画「空海-KU-KAI-」 公式サイト http://ku-kai-movie.jp/

長澤まさみ
1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年に第5回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞して女優デビュー。プライベートともにあらゆる世代から支持を獲得。

撮影/笠井爾示 スタイリスト/藤長祥平(高橋さん分)、上杉美雪(長澤さん分) ヘア&メイク/田中真維(高橋さん分)、河北裕介(長澤さん分) 取材・文/浅原聡(対談分・高橋さん分)、池城仁来(長澤さん分) デザイン/ohmae-d

【長澤まさみさん】ニットオールインワン¥42000/ベース レンジ(スーパー エー マーケット) シャツ¥36000/アイレネ(ルシェルブルーカスタマーサービス) イヤーカフ/本人私物 タンクトップ、シューズ/スタイリスト私物【高橋一生さん分】シャツ¥43000、パンツ¥60000、シューズ¥69000/エンポリオ アルマーニ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン)

キーワード

急上昇キーワード

あなたへのおすすめ