エンタメ
恋に効くエンタメニュース
15.Jul.2018

人気急上昇中!【阪本奨悟さんの1st アルバム『FLUFFY HOPE』】プレミアムイベントをレポート♡

【阪本奨悟さんの1st アルバム『FLUFFY HOPE』】プレミアムイベントをレポート♡

シンガーソングライター、そして俳優として活躍中の阪本奨悟さんが、「阪本奨悟1stアルバム『FLUFFY HOPE』リリース記念イベント 全国阪本化計画 〜綿毛を届けに編〜」を開催。真夏の日差しが照りつけるなか、ラゾーナ川崎プラザいっぱいに詰めかけたのファンを前に、スペシャルミニライブを行いました。withの人気連載『2.5次元と飛躍』にも登場してくれた阪本さん。with onlineももちろん、このイベントを取材してきました! 
pattern_1
pattern_1
キャー!という歓声と拍手に迎えられ、ギターを抱えた阪本さんが爽やかな笑顔でステージに登場。「暑いですけど、この夏の暑さにぴったりなはじけた楽曲持ってきました」との声に、会場も一気にヒートアップ! 

「めちゃくちゃ暑いですけど、これはもう体温と同じってことだから、この空間を“僕の体内”だと思ってください!」と奨悟節炸裂!

まず披露されたのはNEWアルバムに収録の『人生のピーク』。ギターの音が流れ、持ち前の透明感あふれる歌声が会場に広がると、ショッピング中の人々も思わず足をとめ、老若男女が彼の声を楽しむ、という屋外イベントならではのスペシャルな空間に。
とはいえ、イベント時の気温は、なんと36度! 阪本さんも「もう僕の平熱くらいですよ!」と滴り落ちる汗と格闘している様子。けれど「めちゃくちゃ暑いですけど、これはもう体温と同じってことだから、この空間を“僕の体内”だと思ってください!」と早くも奨悟節炸裂。「体内にいるからひとつに繋がって暑いライブにしましょう」とのトークで、さらに一体感が増していました。
pattern_1
pattern_1
続いて歌われた『しょっぱい涙』は、福山雅治さんがプロデュースしたことでも話題になった、メジャーデビューシングル。「作詞の面で大きなアドバイスをもらった」と語る大切な楽曲をエネルギッシュに歌い上げ、会場を阪本色に染めていきます。
3曲目『カラカラな心』後のMCでは、川崎フロンターレの本拠地 川崎にちなんでサッカートークを展開。
pattern_1

僕も“阪本ハンパないって”って言っていただけるように、ここに来てるんです!

「僕もサッカー大好きで、W杯めっちゃ見てるんですよ! 大迫選手、活躍しましたね!“大迫ハンパないって”っていうくらいすごくて。フェインターですよね。僕も“阪本ハンパないって”って言っていただけるように、ここに来てるんです! みなさんも #阪本ハンパないって で広めてください(笑)」と気合十分な阪本さん。 「全部出して帰ってくれますかー?」と数度のコール&レスポインスで会場をあおりまくります!ところがそこから「でも次の曲はバラードになります」と語る、まさかのフェイントに、完全にテンションアップしたオーディエンスは爆笑! いたずらっぽい表情で「しっとーり歌いたいと思います(笑)」と宣言していたとおりに、新しいバラード『会いたくて』を優しく歌い上げていました。
pattern_1
pattern_1
そしてこちらも初披露となった『bloom 〜心の花〜』。はじめて女性を主人公として書いたというこの楽曲は、「みなさんを応援できるような曲に」と女性への応援ソング的な1曲になっているのだそう。働く女性なら誰もが感じたことのある思いを、阪本さんが代弁してくれているような素敵な曲に仕上がっていました。
ラストに歌われた『夏のビーナス』は、この日の空気感にもぴったりの曲。恋する思いをポジティブに表現したこの歌を、笑顔で奏で、ラストを締めくくりました。

次のページ>>ライブ最後には重大発表も!

35 件

キーワード

あなたへのおすすめ