エンタメ
恋に効くエンタメニュース
18.May.2018

女子は30歳になることを、どうしてそこまで恐れるのか?『29歳問題』

女性は30歳になるのをなぜそんなに恐れるのか、そんなに嫌がるのか。超えたからって何が変わるわけではないのですが、30歳を前後に結婚したり転職したりする人が多いのを見ると、何か焦りを感じる年齢なのかもしれません。香港で大ヒットした映画『29歳問題』はそんな30歳を目前にした二人の女性のお話。主人公はキャリアウーマンのクリスティ、オシャレな部屋に住み、化粧品会社でマーケティングの仕事をするキャリアウーマンです。

pattern_1
(c) 2017 China 3D Digital Entertainment Limited
映画は彼女がどうやって「完璧」な毎日を作っているかを描いてゆきます。朝起きて「会社休みたい…」と何度も何度もつぶやきつつ、カロリーを意識した朝ご飯を食べ、手抜きのない化粧をして、上品かつスタイリッシュな「デキるOL風」のファッションで身を固めてゆき、最後は鏡で笑顔のチェック。さあ出勤!というところで、壁から染み出した水がブランドバッグにシミシミになっていることに気づきます。

pattern_1
(c) 2017 China 3D Digital Entertainment Limited
30歳を目前にした彼女はすべてにおいてなんとなくこんな感じ。これまで意識してこなかった「シミ」みたいなものがボロボロ出てくることに。私の人生はいつからこんなんなっちゃったの?――そんな風に嘆く彼女の前に現れたのが、同じ年齢のもう一人の主人公ティンロ。結婚お金も美しい容姿もなんにも持っていないのに、妙にハッピーな人です。ここまで読むと、幸せな人生って、やっぱりお金や容姿じゃないんだわ…!みたいな話になりそうですが、当然ながらティンロにはティンロの悩みがあります。

pattern_1
(c) 2017 China 3D Digital Entertainment Limited
映画で興味深いのは、占星術の「土星サイクル」(土星が太陽の周りを1周する周期=30年)という話。土星は「現実」を司る星で、人間にはそのタイミングでいろいろなことが起こる、つまり30年ごとに何かしらの変化が起こるのだとか。そのせいなのかどうなのか、映画の中のアラサー女子たちは結婚、仕事、出産、夢、成功、家族、そしてそれ以外のいろいろな現実を前に、いろいろな選択を前に腹を決めてゆく。その姿がすごく素敵です。大人になるって、こういうことかもしれません。
『29歳問題』
(c) 2017 China 3D Digital Entertainment Limited

文/渥美志保
10 件

キーワード

あなたへのおすすめ