編集部|エンタメ
08.Dec.2018

人気NO.1スポット♡チームラボ ボーダレスでインスタ映えに挑戦!【#with girlsブログピック】

全国3000人以上が在籍しているwith girls。彼女たちのブログには、お仕事ガールのリアルな日常や知っておきたい最新情報が詰まっています♥ 毎日続々とアップされるブログの中から、編集部が気になったものをピックアップする【#with girlsブログピック】。

本日は、with girls レギュラーメンバーの mimi somiさんのブログをピックアップ!
pattern_3
with girls レギュラーメンバー mimi somi さん

私もいつかチームラボへ...!

こんにちは、mimi somiです。
6月に豊洲とお台場にオープンしたチームラボのデジタルアートミュージアム。
「みんなが映えている!」インスタグラムに流れる画像を見て、行った気分に錯覚するほどたくさんの人たちで賑わっている、今年1番人気のスポットです♪

友人たちの(行ったよ)投稿も流れて来て、完全に行くタイミングを失った私。
「私もいつかチームラボへ行って映えたい…」そんな密かな願いが、今回with gilrsさんとの体験取材で叶いました!(withさんありがとうございます!)

最先端アートミュージアムを体感♡

美術館といえば、作品の前に境界線があって私たちはその前に立って、鑑賞する。

チームラボ ボーダレスは、投影されたアート空間に自分が入り込んでしまうので、360度が作品。時には触れることもでき、音楽との融合、体を動かして展開するアートも。

今では”外人観光客が訪れたい観光スポット”としても人気を集めています。
当日チケットは完売必至なので、まずは公式HPを要チェックです!

映えるかは、あなた次第。笑

pattern_1
さて、一通りアート空間を堪能したら「写真に撮りたい♡」
しかしデジタルアート空間なので、”暗い”です。
「ん?あれ?どうやって撮るの?」と模索中の私の写真がこちら。
理想の撮影カットがあるなら、事前にインスグラムで予習して行くのが良さそうです。
pattern_1
子供達が元気に走り回れる運動公園のような場所も。時に大人も作品の上でくつろぐようで(笑)
タイミングを伺いつつ「あーでもない、こーでもない」と撮影を楽しんでみてください。
(ここでもまだ写真の撮り方に苦戦している、私。)

ここで私は出逢いました。インスタグラマーっぽい人に…!
その人をガン見していると(暗いので気づかれない)
その場に立っただけで画になってるー!(撮影者のカメラ露出設定etcが適正値ー!)

「行けば映える」という私の考えは、180度違いました。

次ページ>>インスタ映え成功か...!

28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ