編集部|エンタメ

俳優・岸井ゆきの「それぞれの生き方があっていい」底辺スタートのYouTuberを演じて感じたこと

現代の“YouTube”をとり巻く環境や人間関係をリアルに描いた話題の映画『神は見返りを求める』が6月24日(金)より全国公開中。YouTubeの地獄と天国を経験し、波乱万丈な人生を送るYouTuberを演じたのは、今映画やドラマで引っ張りだこの岸井ゆきのさん。念願だった𠮷田監督の作品に参加し、「ごほうびのような現場でした!」という撮影の裏側について伺いました。

「𠮷田組は、8年経ってもあたたかくて安心できる場所」

“豊かで自由”な𠮷田監督との再会

pattern_1

――まずはじめに、本作のオファーを受けたときの感想を聞かせてください。

「また𠮷田監督の作品に参加できる!」と、とても嬉しい気持ちがこみ上げてきました。映画『銀匙 Silver Spoon』(2014年)以来、約8年ぶりの𠮷田監督作品だったのですが、以前の現場がとても居心地がよくて。ほどよく肩の力を抜きながら、演技に臨めました。そんな日々をふとしたときに思い出しては、また𠮷田監督と再会できることを楽しみにしていたので、念願叶っての出演になりました。

――岸井さんのInstagramでも、𠮷田監督の作品に参加できたことを「ごほうびのような現場だった」と表現されていましたね!

本当にごほうびみたいな現場でしたね。毎日ワクワクする気持ちが止まらなかったです。毎回思うことなのですが、𠮷田監督の現場は“豊かで自由”なんです。𠮷田組はいつも顔なじみのスタッフさんたちなので、チームワーク抜群の環境で、みんなが安心して𠮷田監督についていっている現場なので、とてもあたたかいんです。もともと𠮷田監督の作品が好きだったのですが、参加してさらに好きが増したのを感じました。

――ちなみに岸井さんから見る、𠮷田監督はどんな方でしょうか?

𠮷田監督はどんなシーンを撮るときでも、変わらずフランクな人です。感情的になるシーンや悲しみに溺れるようなシーンでも、いつも通りのテンションで話しかけてきてくれます。正直「今こんな話するの?本番前なのに?」みたいな瞬間もありましたが(笑)。でもそれが心地よく、𠮷田監督が𠮷田監督のままいてくださるので、私も安心して役をまっとうでき、お芝居が楽しいという前提を忘れずに演じられたのだと思います。

「ムロさんの印象は、いい意味で想像とはちがったかもしれません(笑)」

俳優・ムロツヨシさんとの初共演

――主演のムロツヨシさんとは初共演だと伺いました。作中では良きパートナーになったり、お互いを罵るバトルを展開したり、いろんな感情を共有されたと思いますが、その裏側で印象に残っているエピソードを教えてください。

ムロさんは、撮影現場の一番隅にあるイスにポツンと座っているような感じで、少し意外な印象でした! 共演する前は、いつも明るくて現場を盛り上げてくれるような方というイメージを持っていたんですよね。だからこそ静かなムロさんの姿は、想像とちがっていてミステリアスな存在でした(笑)。でも、“静かなムロさん”は、最近心境の変化があったからと伺い、今作ではそういうスタンスでいこうと決めていたとお話されていました。ですので、ムロさんと一緒に楽しんだエピソードは、本編に収録されている追いかけっこのシーンが一番かもしれないですね!
次のページ>>――お二人ともすごい勢いで走ったり、階段をかけ上がっていましたよね。
52 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ