編集部|ファッション
01.Feb.2020

宮田聡子×樋口かほり そろそろ知っておきたい オトナの名品《No.18 PRADAのカラーパンプス》

そろそろ知っておきたい。「大人の名品」

身につけるだけでいつもと違う自分になれて、自信にもつながるような、そんなステップアップできる名品をご紹介するこの連載。今回お届けするのは、可愛い見た目に気分もアガるPRADAのカラーパンプス!

No.18 ◆ PRADAのカラーパンプス

pattern_1
エナメルにチャンキーヒールというレトロな要素が詰まった一足。発色のよいピンクがシンプルな着こなしにも華を添えてくれる。パンプス¥95000(予定価格)、ワンピース¥287000(予定価格)、靴下¥18000(予定価格)/以上プラダ(プラダ クライアントサービス)

「プラダのカラーアイテムって他にはない魅力がある!お気に入りのものをひとつ買ったらずっと愛用できそうだし、身につけるだけで気分も高まりそう」という聡子が選んだのは、エナメルパンプス! PRADAは1913年に創業した、イタリアを代表するハイブランド。創業者のマリオ・プラダがミラノに皮革製品等の専門店をオープンしたのが始まりです。歴史あるPRADAに大きな変革をもたらしたのが、孫娘のミウッチャ・プラダ。1970年代後半にブランドの事業を引き継ぐと、逆三角形のロゴが付いたナイロン素材のバッグを発表。まったく新しいスタイリッシュなバッグは世界中の人に愛され、一気にPRADA旋風が巻き起こりました! 1988年よりレディース・コレクションをランウェイで発表し、ミウッチャの類まれなるセンスが発揮されたファッションは現代の自立した女性像ともリンクし、PRADA独自のスタイルを確立していきました。このパンプスもそんなPRADAらしいどこか遊び心のあるデザインが決め手! 今回は、聡子とスタイリスト樋口かほりさんがこのパンプスの名品としての魅力について語りました!

「定番≠ ベーシック色」を裏付ける、PRADAならではのピンクで足元に華を

🔶聡子 「プラダって発色のよい靴やバッグがとにかく可愛い! このピンクのパンプスは斜めにカットされた、凝ったスクエアトウになってるのがツボ♡」

🔷樋口 「エナメルっていうのもプラダっぽいよね。今年の春は服も靴も、ちょっと派手なピンクをコーデに使うのがおすすめです」

🔶聡子 「今回合わせたソックスとのバランスも子どもっぽくなりすぎず絶妙!」

🔷樋口 「このソックスもプラダのものなんだけど、昔流行ったルーズソックスっぽくて、可愛い。パンプスにソックスって難しいイメージがあるかもしれないけど、カラーパンプスなら意外と合わせやすいし、遊びやすいんです」

🔶聡子 「ヒールが細くないからコンサバになりすぎないし、華やかなピンクだから差し色として使えてコーデが映えそう! 名品ってベーシックカラーのイメージがあるけど、こういう可愛いカラーも気分がアガるし素敵ですね!」
次のページ>>聡子が今月リアルに買ったおしゃれ名品も一部ご紹介  
20 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ