編集部|ファッション
05.Jul.2019

宮田聡子×樋口かほり そろそろ知っておきたい オトナの名品《No.11 SAINT LAURENTのモノグラム・サンローラン カサンドラ》

そろそろ知っておきたい。「大人の名品」

「身に着けるだけで気分を上げてくれて、長く愛せるアイテム」こそきちんと吟味したうえで手に入れたい! 今回ご紹介する名品は、キラリと輝くロゴがオトナの女性へと導いてくれる「サンローラン」のバッグです。
pattern_1

No.11◆SAINT LAURENTのモノグラム・サンローラン カサンドラ

ブランドを象徴する「YSL」のロゴを留め具にした新作バッグ。ショルダーストラップ付きで斜め掛けができ、ハンドバッグとしても持ちやすいちょうどよいサイズ感と、女らしいボルドーカラーが決め手。
[宮田聡子]バッグ¥249000/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(イヴ・サンローラン) その他/スタイリスト私物

3つのアルファベットが美しく連なる、ブランドの象徴的ロゴがアクセントになった、「サンローラン」のバッグ。

ブランドを設立したムッシュ イヴ・サンローランは若くしてその才能が認められたデザイナーの一人。1961年には自身の名を冠したブランドを立ち上げ、その独創的なエレガントスタイルが話題を呼び、やがて「モードの帝王」と呼ばれるまでに。2002年に引退するまでの約40年間、トップデザイナーとして活躍し続けました。

2016年、そんなモードの帝王が築き上げた「サンローラン」のクリエイティブ・ディレクターに就任したのが、若き鬼才のアンソニー・ヴァカレロ。今回、聡子とスタイリスト樋口さんが気になったのは、ヴァカレロによる新作「モノグラム・サンローランカサンドラ」です。

「今っぽさがありながらも、どこか懐かしくってクラシカルな雰囲気がすごく素敵!」と聡子。惹かれた理由を語ってもらいました。

クラシカルなフォルムにロゴが効いた最愛バッグでわたしをアップデート

■聡子 「 樋口さんは、サンローランといえばどんなイメージがありますか?」

□樋口 「 遊び心を効かせたアイテムもあってデザインの幅が広いけれど、やっぱり"上品"な印象が強いかな。今回カサンドラのバッグを持ってみてどう?」

■聡子 「 まさしく上品で高級感があって、これがあるだけでコーデがクラスアップする気がします。昔のハンドバッグのような、四角いフォルムも好き。斜め掛けもできるからカジュアルにも持てて、幅広く使えそう」

□樋口 「 フロントの『YSL』ロゴが効いているから、案外ノーアクセでもサマになるよ。夏はあえて気負わずにタンクトップにスカートなどのカジュアルなスタイルにサラッと合わせるのをオススメしたいで」

■聡子 「 この上質なレザーの風合いもいいし、女らしいボルドーっぽい色みだから、秋冬も大活躍しそう。品のあるオトナっぽさをプラスできる名品です♡」


次のページ>>聡子が今月リアルに買ったおしゃれ名品も一部ご紹介
21 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ