編集部|ファッション

「ベージュ」で大人のおしゃれを格上げ♡お手本コーデと着こなしテクをご紹介

柔らかな印象を与える「ベージュ」は、どんなコーデにも大人の女性らしさをプラスしてくれる優秀カラー。いまいちおしゃれに着こなせないという人も、コツさえ掴めば簡単にこなれた雰囲気が出せます。ここでは参考にしたいベージュコーデ集と、上手に着こなすコツやおすすめアイテムをご紹介。その日の気分や手持ちのアイテムと合わせて、さまざまなベージュコーデを楽しみましょう♡ 

1.2021年最新!ベージュコーデ15選!

ベージュは鮮やかな色からシックな色まで相性良し。最旬のベージュコーデをカラー別にご紹介します。ベージュ系アイテムの取り入れ方に悩んだら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

●ベージュ×ホワイトのコーデ

pattern_1
[モデル/小林由依(櫻坂46/with本誌専属)] マドモアゼル ロペのブラウス¥13200、デニム¥11000、ブーツ¥20900、リング¥3300、オウレンティのバッグ¥19800/マドモアゼル ロペ(ジュンカスタマーセンター)
甘めの白ブラウスとベージュのデニムを合わせた統一感のあるスタイリング。カジュアルな印象が強いデニムも、ベージュにすることで落ち着いた雰囲気になります。甘めのブラウスも、デニムのおかげでほど良くカジュアルダウン。足元に同系色のヒールブーツを合わせることで、こなれ感を演出してくれます。
pattern_1
[モデル/トリンドル玲奈] Tシャツ¥6600/フレーバーティー、ネックレス¥18700/アンセムフォーザセンセズ(ラブティックボンボン) スカート¥19800/マイカ アンド ディール(マイカ アンドディール 恵比寿本店) バッグ¥39600/ヴァジック(ヴァジックジャパン) サンダル¥14300/モリー二(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) ストール¥29700/アソース メレ(シップス 有楽町店) リング¥11660/パズ コレクティブ(ズットホリック)
ベーシックな型のベージュTシャツにドレッシーなロングスカートを合わせることで、ラフなのにおしゃれな着こなしに格上げ。ベージュの柔らかさとクリーンな白の上品さが、大人の女性らしさを際立ててくれます。バッグやサンダル、ストールも同系色でまとめることで、統一感もさらにアップ♡ 

●ベージュ×青のコーデ

pattern_1
[モデル/宮田聡子(with本誌専属)] ブラウス¥18000/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) パンツ¥33000/ベルナールザン ス、フープイヤーカフ¥9000/サスキア ディーツ(シティショップ)  バッグ¥11000/ベルティーニ(スピック&スパン ルミネ新宿店) 靴¥10900/ア ドゥ ヴィーヴル
チノパンとフリルブラウスをタックインしたスタイリング。ブルー系の中でも抵抗なく取り入れやすいネイビーは、ベージュとの相性もばっちりで、大人の落ち着きを演出してくれます。ボーイズライクなベージュのチノパンが、フリルブラウスの甘さを軽減してくれるので、可愛らしくなりすぎないのもポイント。
pattern_1
[モデル/吉倉あおい]ニット¥16600/シップス プライマリーネイビーレーベル(シップス プライマリーネイビーレーベル) パンツ¥13000/ジュエル チェンジズ(ジュエルチェンジズ 新宿店) バッグ¥64000/ニコ ジャンニ(ビームス ハウス 丸の内)
ボリューミーなニットとショートパンツを合わせたリラクシーなコーデ。主張が強い鮮やかなブルーも、ベージュと合わせると落ち着いた雰囲気になり、着こなしやすさもアップします。ボーイッシュにまとまりがちな組み合わせも、脚見せ&ピンクの小物で女性らしい印象に。

●ベージュ×黒のコーデ

pattern_1
[モデル/小倉優香] ブルゾン¥9990(一部店舗のみで販売)/ユニクロ ユー(ユニクロ) ワンピース¥26000/コエル ポシェット¥1990/ジーユー 靴¥19000/ラ ピエス(ティアラ)
まろやかなベージュカラーの厚手ブルゾンは、着回しもしやすく、防寒対策がしっかりとできるのに重たくなり過ぎないのがポイント。甘めのティアードワンピースを合わせると、ブルゾン特有のぼってり感が活かされて、愛らしい印象に。スタイリッシュな黒ブーツで足元をスッキリと見せることで、全体的なボリューム感が抑えられて、スタイルアップ効果も狙えます。
pattern_1
[モデル/吉田美奈(withLab STAR100)] パンツ¥10780、カットソー¥5280(3月下旬発売)/ともにリトルシック カーディガン¥7480/ザ・スーツカンパニー パンプス¥15400/リサコンティ バッグ¥6380/ディ スティル(すべてザ・スーツカンパニー 銀座本店) その他私物
ベージュのテーパードパンツを使ったハンサムなオフィスコーデ。パンツ以外を黒で統一することで、ベージュの柔らかさは残しつつ、メリハリのあるスタイリングに仕上がります。さらに首、腕、足首を出せば、細見え効果もアップ。パンツのシルエットを生かしたシンプルな装いが、“デキる大人”を演出してくれます。
pattern_1
[モデル/宮田聡子(with本誌専属)] トレンチコート¥59000/マカフィー(トゥモローランド) ワンピース¥19000/エムエルエム レーベル(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)
定番のベージュトレンチはハンサムな印象が強いですが、黒のミニワンピースと合わせればたちまちレディな印象に。無地をセレクトすることで、ミニ丈でもやらしさがなく、洗練された雰囲気が出ます。ロング丈のアウターだからこそ、中に着るものの丈感でアクセントを加えることで、いつもと違った着こなしが楽しめるでしょう。

●ベージュ×カーキーのコーデ

pattern_1
[モデル/梅澤美波(乃木坂46/with本誌専属)] ニット(9月発売予定)¥12000/バナーバレット パンツ¥17000/ルーニィ バッグ¥42000/ヴァジック(ヴァジックジャパン) ピアス¥8200/シーズマーラ 時計¥28000/ロゼモン(オ・ビジュー) 靴¥8500/ラウナレア(ウフ)
深い色味が特徴のカーキは、ベージュと同じ“アースカラー”に分類されるため、相性もバツグン。トップスにベージュ、ボトムスにカーキを合わせることで、下半身が引き締まって見えやすく、柔らかく見えがちなベージュをかっこよく着こなせます。小物はあえてベージュ系で揃えて、ツートーンでまとめるのがこなれ見えのコツ♡ 

●ベージュ×グリーンのコーデ

pattern_1
[モデル/トリンドル玲奈] ジャケット¥35200/パリゴ(パリゴ丸の内店) カットソー¥4400/イェッカ ヴェッカ(イェッカ ヴェッカ吉祥寺) パンツ¥18700/バナーバレット バッグ¥52800/ヴァジック(ヴァジックジャパン) ネックレス¥25300/フルオブグレイス(ズットホリック) 時計¥10780/コモノ(エイチエムエス アーカイブ ルミネエスト新宿店) リング¥1980/ゴールディ
リネン素材のテーラードジャケットは、素材の風合いと柔らかなベージュカラーのおかげで、かっちりとしすぎないのがポイント。鮮やかなグリーンともなじみが良く、パンツの存在感を上手に引き立ててくれます。小物はベージュと同系色のブラウンで統一して、ナチュラルな雰囲気でまとめるのが吉! 
pattern_1
[モデル/梅澤美波(乃木坂46/with本誌専属)] スカート¥28000/マカフィー ジャケット¥19000、カットソー¥6800/アンクレイヴ バッグ¥36000/イアクッチ(IACUCCI大丸東京店) イヤリング¥16000/ジュエッテ ブレスレット¥9000/ヨキ(ココシュニックオンキッチュ 新宿マルイ店) 靴¥8400/マミアン(マミアンカスタマーサポート)
ベージュカラーをベースにしたチェック柄スカートを主役にしたフェミニンなコーデ。くすみグリーンのジャケットが、チェック柄の可愛らしさをほど良く抑え、コーデ全体に落ち着きをもたせてくれます。小物は同系色でまとめると、より上品で都会的な印象に格上げ。トップスのタックインと手首&足元見せでメリハリをつけてあげると、着ぶくれも防止できます。

●ベージュ×ブラウンのコーデ

pattern_1
[モデル/梅澤美波(乃木坂46/with本誌専属)] ジャケット(共地ベルト付き、10月上旬展開)¥43000/ラブレス(ラブレス青山)ニット¥7264/バナナ・リパブリック スカート¥32000/ルーニィ バッグ¥39000/メアリ オル ターナ ピアス¥6900/シーズマーラ 時計¥21000/ロゼモン(オ・ビジュー) ブレスレット¥8500/イン ムード(フォーティーン ショールーム) リング¥1709/ROOM(サードオフィス) 靴¥22000/マッキントッシュ ロンドン(モーダ・クレア)
トップスに濃いめのブラウンを、スカートに淡いベージュを合わせて濃淡グラデーションを作ることで、上品なワントーンコーデが完成。ジャケットやバッグにかっちりめのアイテムを持ってくることで、ベージュの柔らかさが際立ち、可愛いとかっこいいを両立した大人らしいスタイリングに仕上がります。

●ベージュ×イエローのコーデ

pattern_1
[モデル/トリンドル玲奈] ニット¥6000、スカート¥7500/ナチュラルビューティーベーシック バッグ¥34000/メアリ オル ターナ パンプス¥15000/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) イヤリング¥6873/アビステ リング(中指)¥15000、リング(人差し指)¥28000/エナソルーナ
ゆるめのニットとふんわりとしたロングスカートを合わせたフェミニンスタイル。濃いめのイエローが、ベージュとなじみつつも、シルエットの膨張をしっかりと抑えてくれます。全身をスッキリと見せるために、小物は極力控えめに。ダークブラウンのヒールパンプスを合わると、コーデにメリハリが生まれます。
pattern_1
[モデル/泉里香] スカート¥2990/ユニクロ ニット¥4500/マーキュリーデュオ バッグ¥6900/チャールズ&キース(チャールズ&キースジャパン) パンプス¥21000/ダイアナ(ダイアナ銀座本店) ピアス¥1900/アネモネ(サンポークリエイト)
上品なパステルイエローが目を引く、爽やかな大人コーデ。ベージュのニットが、プリーツスカートの甘さを抑えて、上品な雰囲気を演出してくれます。ウエストマークによってボディラインが協調されて、華奢見えするのも◎! メンズ受け抜群のプリーツスカートを取り入れた女性らしいシルエットのスタイリングなので、デートシーンにもおすすめです。

●ベージュ×ピンクのコーデ

pattern_1
[モデル/トリンドル玲奈] シャツ¥12100/ノーリーズソフィー(ノーリーズソフィー大丸東京店)パンツ¥8690/ビーミング by ビームス(ビーミング ライフストア by ビームス アーバンドック ららぽーと豊洲店) バッグ¥24200/マルコマージ(ラブティックボンボン) サンダル¥8140/ランダ
透け感のあるピンクシャツとリネン素材のベージュパンツを合わせたまろやかなワントーンコーデ。膨張して見えやすい組み合わせだからこそ、大胆にボディラインを見せて、メリハリをつけるのがポイントです。バックやシューズで遊び心をプラスすれば、シンプルなコーデもこなれた印象に♡ 
pattern_1
[モデル/トリンドル玲奈] パンツ¥4990/ルノンキュール(キャンカスタマーセンター) ブラウス¥7800/ココディール ニット¥11000/ルーニィ ショルダー付きクラッチ(15×23×7)¥15000/ヴィオラドーロ(ピーチ) フラット靴(1)¥12500/ダイアナ(ダイアナ銀座本店) ベルト¥4800/ザ・スーツカンパニー銀座本店
さらっとしたベージュブラウスと、フェミニンなピンクカラーが印象的なクロップトパンツを合わせたスタイリング。上下ともにきれいめのアイテムで揃えていますが、優しい色合いなので気取った雰囲気が出にくいのもポイントです。ゴールドのパンプスでエッジの効かせれば、他とは被らないワンランク上のコーデに仕上がります。
次のページ>>2.ベージュコーデを着こなすポイントは?
77 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ