編集部|ファッション
29.Dec.2018

【Sergio Rossi】宮田聡子×樋口かほり そろそろ知っておきたい オトナの名品《No.06 Sergio Rossiのショートブーツ》

そろそろ知っておきたい。「大人の名品」

聡子ならではの視点で、これぞオトナな名品を紹介するこの連載。
今回お届けするのは、働く女性の足元を美しく魅せるセルジオ ロッシのブーツ。
この1年頑張った自分へのごほうびにもオススメしたい一足です。
pattern_1

No.06◆Sergio Rossiのショートブーツ

着こなしが締まる、つんとしたポインテッドトウがオトナの女性の証。滑らかなスエード素材でフィット感バツグンです。ソックスブーツを思わせる切り替えデザインもオシャレ。ブーツ¥95000/セルジオ ロッシ(セルジオ ロッシカスタマーサービス) その他/全てスタイリスト私物
・・・
〝ヒール靴〞というと、ついつい快適さばかりを求めがち。だけどそろそろ、このセルジオ ロッシのショートブーツが放つ、えもいわれぬ美しいシルエットから〝オトナの足元〞について考えてみませんか? 「セルジオ ロッシ」は、高級靴職人である父から伝統的な技術を引き継いだセルジオ・ロッシが1966年に創業した、イタリアを代表するラグジュアリーブランド。「靴は身体の一部」であり「美しい脚を完成させるための重要な要素」という考えのもと、女性の足にぴたりとフィットする〝官能的〞ともいえる美しいフォルムの靴が有名です。それを支えているのが、120工程にも及ぶ丹念で緻密な作業。熟練の職人たちの手で約14時間かけて丁寧に仕上げることにより、ようやくセルジオ ロッシが追求するスタイリッシュなシューズが完成するのです。今回は、「つま先のとんがった形と、きゃしゃなヒール……流れるようなラインが本当にキレイ」と聡子もスタイリスト樋口かほりさんも絶賛する、セルジオ ロッシの〝イイオンナ〞ブーツをフィーチャー。

すごくシンプルなのに、 計算しつくされた美しい シルエットに惚れぼれ

■聡子 「 実際に履くと、シルエットのキレイさを実感します。つま先がシャープで、足元がキュッと締まって見えて。一気にオトナの女性になった気分! 」

□樋口 「 もしかしたらwith世代はあまり馴染みがないかもしれないけど、セルジオロッシは憧れシューズの王道。最近の流行では太めのヒール靴が多いけど、やっぱり細ヒールを女らしく履くっていうのは原点回帰ができていいよね」

■聡子 「 そこまでヒールが高くないのにキレイに見えるし、歩きやすいです。背筋がスッと伸びて姿勢までしゃんとする感じ。この感覚はひさしぶり」

□樋口 「 このショートブーツは切り替えが入っていてアクセントが効きつつも、スエード素材だから主張しすぎないところもいい。デニムにも、フェミニンなコーデにも合うけれど、今回みたいにパンツに合わせてほしいです」

■聡子 「 たしかに、パンツだとより脚を美しく見せる実力の高さが分かりますね。ここぞという大事なときに履きたい一足になりそうです♡ 」

次のページ>>聡子が今月リアルに買ったおしゃれ名品も一部ご紹介

21 件

キーワード

あなたへのおすすめ