編集部|ファッション
07.Oct.2018

【神崎 恵・翁 安芸・鈴木詩織】私が“好きで似合う服”を見つけた瞬間

私が“好きで似合う服”を見つけた瞬間

失敗したから今がある。

好きだけど似合わない、体型カバーはできるけど気分が上がらない……、"好き"と"似合う"の折り合いってなかなか難しい。おしゃれな人はどんなファッションヒストリーを経て、"好き"と"似合う"をイコールにしてきたのか。その秘訣を教えてもらいました♥

美容家 神崎 恵さん

【PROFILE】
with連載でもお馴染みの超人気美容家。インスタフォロワー数は21万超、書籍は累計118万部を突破!アトリエ『mnuit』主宰。

好きなものを似合わせていくのが大事。そうすれば、自分らしさが手に入るはず

美容家デビューしたての頃は、女性らしさを出すためにスカートやワンピースばかり着ていたんです。でも3〜4年前に赤いパンツを買ってから、そんな風に印象を決めつけなくてイイんだ! と気付き、どんどん自由が広がっていきました。服でもメイクでも堂々としていれば、そのうち周りが納得してくれるんですよね。今は楽しく「私が着たいんだからイイじゃん!」と強気な姿勢でいます(笑)。

振り返ってみると、20代の頃はもっと受け身だった気がします。今なら「こういう衿だからアップヘアにしよ」「背が低いから何㎝のヒールを履こう」と、〝自分に似合わせていく〟ように考えられるけど、当時は自分をよく見せてくれる服ばかりを探していました。でも本当は、試行錯誤しないと、オシャレの幅って広がらないんですよね。

判断材料として体型や肌色に合うものを知っておくのも大事だけれど、そればかり気にするのは、12種類しかない星座占いだけを信じるようなもの。本当は1人1人違うのに、横並びの「なんとなく可愛い子」から抜け出せない。可愛くいるためには、もっと個性的でトキメク服に出会うことがやっぱり大事じゃないですか。身長や体型で自分に条件をつけちゃうのはもったいない!自分の〝好き〟に忠実に、いろいろ試して失敗して、その中から自分らしさを見つけられるとイイですよね。
pattern_1
[神崎恵] ブルーのセットアップ/Drawer グリーンのパンプス/MANOLO BLAHNIK ピアス¥29000/イージン ツァン(シップス 大宮店) バッグ¥16000/メゾン ヴァンサン(デミルクス ビームス 新宿)
「低身長だからこそ、全身で鮮やかな色を着ても迫力が出すぎないのかもしれません。コンプレックスでしたが、小さくて良かった(笑)!」

次ページ≫神崎 恵さんのMY FASHION HISTORY

77 件

キーワード

あなたへのおすすめ