ファッション
セレブのLOVE&ファッション

ジジ・ハディッド、産後1年と思えない腹筋にパリコレで感嘆の声

pattern_1
2020年9月に、ゼイン・マリクとの第一子、カイちゃんを出産したモデルのジジ・ハディッド。パリのファッション・ウィークのランウェイで、ミドリフ丈のトップスにヒップハングのタイトスカートというルックで現れ、見事に鍛えられた腹筋を披露。1ミリのゆるみもないウエスト周りに、「産後とは思えない!」と驚愕の声が上がっています。
「コペルニ」のショーで、オレンジのトップスにシルバーのタイトスカートという出で立ちを着こなしたジジ。ヴィクシーのランウェイでランジェリーを着用したこともある彼女ですが、現在がいちばんスタイルが引き締まっているとの声も。
ジジが産後1年でここまで体型を戻せたのは、パーソナルトレーナーのロブ・ピエラとの、激しいワークアウトセッションを重ねてきたからだとか。
毎日1時間のハイカーディオ・ボクシングやマット運動のコンビネーションの内容は、その日の気分によって変えていると、ロブは語っています。もともと乗馬やバレーボールなどスポーツが大好きなジジにとって、ボクシングはワークアウトのためだけでなく、楽しみのひとつ。

産後2ヶ月半でVOGUEのカバーを務めたときには「もうサイズ0ではない」というプレッシャーもあったそうですが、現在の、「痩せていても太っていても、ありのままの自分を愛そう」というボディ・ポジティブの流れがあることに感謝したとのこと。

ここまで体型を戻すなんて、さすがのプロ根性。だけど、やせすぎではない今の健康的なジジのボディ、すごく素敵ですよね。
pattern_1
文/さかいもゆる
 
10 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ