ファッション
セレブのLOVE&ファッション
03.Apr.2020

公務から引退したメーガン妃&ヘンリー王子の王室復帰の可能性はある?

pattern_1
4月1日に、イギリス王室の公務から引退したメーガン妃&ヘンリー王子。ヘンリーの父親であるチャールズ皇太子の新型コロナウイルス感染発覚などで祖国が大変な時期に、息子のアーチー君を連れて一家でL.A.に移住してしまったふたりに、世間からのバッシングは強まっています。

ロイヤルの称号を失い一般人になり、今後は生活費を自分たちで稼ぐと言っていたふたりですが、警備費用だけでも年間10億円以上がかかると言われ、どうやって生計を立てて行くつもりなのか、また、その警備費用は一体どうやって誰が払うのか、というのも話題に。

結局警備費用はチャールズ皇太子が負担するとか、クラウドファンディングで募るなど、様々な報道がされていますが、そんな中、ふたりが王室復帰したいと願った場合、それは可能なのか、ということがニュースになっていました。
pattern_1
写真:PA Images/アフロ
Insider.comによると、過去にも、エリザベス女王の息子であるエドワード王子とその妻でありソフィー王妃が、民間の仕事をしていたけれど公務を手伝うために仕事を辞めた例が2002年にあったそう。

そのため王室に詳しいエキスパートは、メーガン妃とヘンリー王子がもしも民間の仕事をしたあとに「もう一度王室の公務を手伝いたい」といった場合、王室は暖かく手を差し伸べるだろう、と予測しています。

メーガン妃は4月3日から配信される「ディズニープラス」のドキュメンタリー映画「エレファント」でのナレーションで女優復帰を果たしましたが、その出演料は全額、ボツワナの動物保護のために寄付。今後も社会貢献しながらいかにお金を稼ぐかというのが、ふたりの課題。しかしコロナの影響もあり、当初予定していた通りにふたりを援助するスポンサーは現れないのではないかと予想するメディアもあり、今後の動向が注目されています。

文/さかいもゆる
6 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ