ファッション
セレブのLOVE&ファッション

ジャスティン・ビーバー、新婚1年目の辛さを乗り越えるために読んだ愛読書は?

pattern_1
2018年9月に結婚した、ジャスティン・ビーバーとヘイリー・ボールドウィン。ジャスティンが元カノのセレーナ・ゴメスと何度目かの破局後すぐに婚約を発表したため、この結婚はセレーナへの当てつけで長続きしないのではないかという声もあったけれど、何だかんだと無事2周年を迎え、今年で3年目。
pattern_1
写真:Backgrid/アフロ
去年5月には、FaceBookで夫婦での自主隔離生活を撮ったリアリティ番組も配信していたラブラブのふたりだけど、実は結婚1年目は辛いことだらけだったとジャスティンが米GQ誌のインタビューで告白しました。

「最初の1年はとても大変だったよ。なぜならそこにはたくさんの、トラウマに引きずり戻されるような出来事があったんだ。そこには信頼関係がなかった。それは一緒に居る相手に対して認めたくはないことだ、だって怖いもの。相手に対して、『僕は怖いんだ』なんて叫びたくないよね。僕たちはカップルとして、家族としてのメモリーを今築いているところなんだ。僕たちが楽しみにすることがあるのは素晴らしいことさ。それ以前には、僕は人生で楽しみにするようなことなんてなかった。僕の家庭生活は不安定だったし、まるで存在しないようなものだった。僕にとって意味がある人なんて居なかった。愛する人も居なかった。何かを注ぎ込む相手が居なかったんだ。だけど今はそういう存在の相手が居る」

結婚1年目の様子を、「卵の殻の上を歩くようなものだった」と例えたジャスティン。だけどそのハードだった時期を努力して乗り越え、今ではヘイリーとの信頼が生まれ、家族として平穏な日々を暮らしている様子。
一方、妻であるヘイリーは2019年の米VOGUE誌のインタビューで、「結婚は魔法のようなものではない」とコメント。「それは常にハードよ。それはチョイスなの。毎日魔法のような幸せを感じるってわけじゃない。毎朝、『私は間違いなく恋をしていて、あなたは完璧』と言いながら目覚めるわけじゃないの。結婚ってそんなものではないわ」

ちなみに、ジャスティンが夫婦円満のために読んでいるという愛読書は『夫の言い分妻の言い分』(かんき出版刊)というマニュアル本。この本を読んだら、ふたりのように仲のいいカップルになれるかも!?
文/さかいもゆる
 
8 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ