ファッション
セレブのLOVE&ファッション

『The O.C.』女優レイチェル・ビルソン、シングルマザーのデートの大変さを語る

pattern_1
俳優のヘイデン・クリステンセンと2008年に婚約し、2014年に娘のブライヤー・ローズちゃんを出産したレイチェル・ビルソン。

その後ヘイデンとは別れ、現在はシングルマザーである彼女が、シングルマザーならではのデートの大変さを語っていたわ。
pattern_1
写真:REX/アフロ

『The Viall Files』というポッドキャスト番組に出演したレイチェルは、現在4歳になる娘が居る状態でのデートについて聞かれ、「数ヶ月前にデートしていた相手なんだけどね。デートに娘を連れて行くたびに、彼は彼女について質問することが一切なかったのよね。これって赤信号なのよ。だって私と付き合うなら、相手は絶対に娘と関わらないといけないし、すべてにおいて娘が優先になるんだもの」とコメント。

それ以降は娘をほかのデート相手に会わせてはいないそうで、「もし会わせるとしたら、真剣に付き合う相手じゃないとね。誰かを手に入れたいのなら、その人の子供にも興味を持たないとね」とのこと。

今の彼女にとっては、娘が世界のすべてみたい。
pattern_1
子供の父親である、元婚約者のヘイデンとの仲も良好な様子。家族3人で出かける姿も。 写真:Backgrid/アフロ

「子供って何でも言い訳に使えて便利なのよね。やりたくないことがあったら、子供のせいにすれば行かなくてもいいし。早く帰ってもいいし、行かないで9時にベッドに入ってもいいし、それって最高じゃない?」と、子供が居るメリットについても冗談めかして話していたわよ。

それにしても、OCのときは高校生役を演じていたレイチェルが、もう37歳だなんてびっくり。157cmと小柄で童顔なせいか、アラフォーには見えない彼女。ブライヤー・ローズちゃんのことも大事にしてくれる素敵なダーリンが、早くみつかるといいわよね。

文/さかいもゆる
 
8 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ