ファッション
セレブのLOVE&ファッション
08.Nov.2019

ブルックリン・ベッカムが「ジャスティン・ビーバー化」してる!? 華々しい恋愛遍歴をプレイバック

pattern_1
デヴィッド・ベッカムの長男、ブルックリン・ベッカムが、若干20歳にして女性遍歴がすごいことになっているわ。

2018年2月に、オンオフ状態を繰り返していた女優のクロエ・モレッツと破局してから、プレイボーイぶりが露呈したブルックリン。
pattern_1
写真:Shutterstock/アフロ

そもそも、クロエとの決定的な破局の原因は、『プレイボーイ』のモデル、レキシー・ウッドとのキス現場をパパラッチされてしまったこと。そこからはタガが外れたように、ブルックリンの女好きが全開に。

10歳年上のシンガー&ダンサーのレキシー・パンテラと熱愛報道→モデルのアレックス・リー・アイリョン→そして2018年の12月に久々に真剣交際したモデルのハナ・クロスとは、今年9月にお別れ。
pattern_1
写真:Backgrid/アフロ

10月には、7歳年上で、ママのヴィクトリア・ベッカム似だと話題のモデル、フィービー・ケイツとの交際が報じられたと思ったら、カナダ出身の女優ナタリー・ガンツホーンや、女優のニコラ・ペルツともデートしているみたい。
pattern_1
写真:Backgrid/アフロ

さらに、最近になって、ハナ・クロスと交際前に、ケイト・モスの異母妹でモデルのロティ・モスとも関係を持っていたことが明らかに。

そのほかにも、クロエとの一時的なお別れ中には、フランス人モデルのソニア・ベン・アンマーに、ニコール・リッチーの妹ソフィア・リッチー、シンガーのマディソン・ベアーなどともイチャイチャぶりをパパラッチされていたわよね。
pattern_1
写真:Splash/アフロ

pattern_1
写真:REX/アフロ

pattern_1
写真:Backgrid/アフロ

お相手の顔ぶれも、二世セレブから歌姫までバラエティ豊か。これって、2018年9月にヘイリー・ボールドウィンと結婚して落ち着くまでは、セレーナ・ゴメスやケンダル・ジェンナーなど、ゴージャスな美女たちと浮名を流したジャスティン・ビーバーを、なんだか彷彿とさせる気がするわ。ニコラ・ペルツやソフィアともデートしていた時期があったし、女性の趣味も似ているのかしら。

ふたりとも、初めての真剣交際の相手が自分より有名人のセレーナとクロエで、かわいこちゃんと付き合えたことで調子に乗っちゃってその後遊びまくっているところも一緒(笑)。


だけど、現在フォトグラファーを目指して写真家のラスキンの元で修行中のブルックリンは仕事ができないって評判みたいだし、歌手としての才能があるジャスティンとは、実力が大違い。ルックスだってパパのデヴィッドの方がイケてるし、ベッカム家の七光りがなければ、どこがそんなにモテる要素なのか、正直、謎だと感じちゃう。

20代になったんだし、今後は女性関係じゃなくて、キャリアで話題になって欲しいわよね〜。

文/さかいもゆる
16 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ