ファッション
セレブのLOVE&ファッション
05.Jul.2019

挙式は2回、がセレブの最新ウエディング・トレンド! その理由は?

pattern_1
今セレブの間では、なぜか結婚式を2回挙げるのがトレンドみたい。モナコ公国のロイヤル・ファミリー、シャルロット・カシラギに、カーリー・クロス、ソフィー・ターナーの3人が、立て続けに6月に2度目のウエディングを敢行! ふむふむ、やっぱりジューン・ブライドへの憧れは根強いのね〜。
pattern_1
写真:Crystal Pictures/アフロ

シャルロットは、映画プロデューサーで、女優のキャロル・ブーケの息子であるディミトリ・ラッサム。5月にモナコ公宮殿で民事結婚式を挙げたふたりが2度目の挙式で選んだのは、シャルロットが子供時代を過ごしたお気に入りの土地、フランス南部のサン=レミ=ド=プロヴァンスの郊外。
Giambattista Valli Official on Instagram: “Congratulations Charlotte Casiraghi and Dimitri Rassam on their wedding in Saint-Remy-de-Provence. The bride wore a custom Giambattista…” (510007)


前回の式ではシャネルのストラップドレスに、シャルロットの祖母であるグレース・ケリーの形見のカルティエの3連ネックレスを合わせていたけれど、今回はジャンバティスタ ヴァリのフリルとレースが特徴的な、フェミニンなドレスをチョイス。このドレスは、母のモナコ公女、カロリーヌ・ド・モナコが以前結婚式で着用したウエディングドレスへのオマージュが込められているそう。

どちらもシャルロットが家族というものを大切にしている、愛情を感じるようなエピソード。
Françoise Dumas on Instagram: “Congratulations  #charlotte and Dimitri #photo by #Felix Dol Maillot” (510010)


ブーケにはプロヴァンスの名産物であるラベンダーが使用されたほか、ゲストへのプチギフトもラベンダーのミニギフト。その土地ならではのおもてなしアイデアも素敵よね♡

シャルロットと同じプロヴァンス地方の古城で2度目の挙式をしたのは、ジョー・ジョナス&ソフィー・ターナー。ふたりは5月1日にラスベガスのリトル・ホワイト・チャペルで結婚したけれど、今回ロマンティックなお城でのセカンド・ウエディングを決行。
Sophie Turner on Instagram: “Mr and Mrs Jonas  Photo by @corbingurkin” (510012)


ニコラ・ジェスキエールによるルイ・ヴィトンのウエディングドレスはスパンコールが輝くデザイン。ちなみに新郎のジョーはというと、ベルッティのブラックタイにクリスチャン ルブタンのシューズという出で立ち。
🆖 on Instagram: “Absolut beauty @sophiet” (510016)


そしてイヴァンカ・トランプの義理の弟にあたるジョシュア・クシュナーと結婚したカーリー・クロスは、ワイオミング州サラトガにある高級リゾート、ブッシュ・クリーク・ランチで2度目のウエディング。
Dasha Zhukova on Instagram: “Our Best Friends’ Wedding 💕” (510018)


2018年10月に結婚式を挙げたふたりだけど、今回はケイティ・ペリーとオーランド・ブルームやダイアン・フォン・ファステンバーグなど、豪華な顔ぶれの友人たちを大勢呼んで、より盛大にお祝いした模様。カーリーはジョナサン・シンカイのオフショルダードレスを着用。

「カウボーイ」をテーマにしたパーティには、ゲストたちが皆思い思いのウエスタンスタイルで参列。こうやってドレスコードを決めると、参加した人たちにとっても、さらに思い出に残るウエディングパーティになりそう。

1度目はユダヤ教のジョシュアに合わせて、ユダヤ教に乗っ取った式を挙げたけれど、今回はもっと仲良しの友人たちと楽しむためのウエディング、という意味が強かったみたいね。

こうやって見てみると、最初の挙式は公けのもの、そして2度目の式はより自由に、自分たちの理想を詰め込んで、多くの友人に祝ってもらえるようにと計画されたウエディングになっているように感じるわ。

これから挙式するプレ花嫁さんも、予算に余裕があるなら、セレブのように挙式は2回、なんていうのはどうかしら?

文/さかいもゆる
18 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ