ファッション
セレブのLOVE&ファッション
17.Jul.2020

ブルックリン・ベッカムが21歳という若さでニコラ・ペルツと婚約。チャラ男が年貢を納めた理由とは?

pattern_1
ベッカム・ファミリーの長男、ブルックリン・ベッカムが、21歳という若さで女優のニコラ・ペルツと婚約したことを、インスタグラムで発表。

映画『トランスフォーマー』などへの出演で知られる人気若手女優のニコラは、ブルックリンより年上の25歳。
pattern_1
写真:The Mega Agency/アフロ
2019年10月頃からデートし、2020年1月にはSNSで交際宣言していたふたりだけど、交際から約半年で、しかもまだ21歳という若さでの婚約発表にはびっくり。だってブルックリンって、2018年に、約4年間もオンオフを繰り返してきた恋人、女優のクロエ・モレッツと破局してからは、『プレイボーイ』モデルのレキシー・ウッドやモデルのハナ・クロスなどなど、数々の美女を食い散らかしてきたチャラ男なんだもの。

よく、冴えないのに美人と付き合ったあと、調子に乗ってヤリ●ン化する男性が居るけれど、ブルックリンってその典型例な気が(クロエファンのワタクシ、辛口な意見で失礼!)。

ニコラの父親ネルソン・ペルツは推定資産約1800億円と言われる投資家のビリオネア。ベッカム家の推定資産は約450億円だから、それを上回る資産家の令嬢、というワケ。2017年2月には、「お金に汚い」と報じられたこともある、パパのデヴィッド・ベッカムだから、この結婚はお金のための政略結婚では……などど、ちょっぴり穿った目で見てしまいます。

何より、女好きのブルックリンがひとりの女性に本当に落ち着けるのか。今年結婚21 周年を迎えた両親、デヴィッド&ヴィクトリア・ベッカムのように、末長く仲睦まじい夫婦になれればいいのですが。

フォトグラファーを目指しているけれど、2017年7月に、有名写真家ラスキンのインターン先で「使えない」と言われたことが報じられて以降、恋愛以外のキャリアではさっぱり音沙汰のないブルックリン。結婚を転機に、どんなキャリアの道に進むのかも注目したいところ。
文/さかいもゆる
 
6 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ