ファッション
ファッションで私らしく

今こそ断捨離!スタイリスト直伝「クローゼット見直し術」

「服はあるのに着たい服がない」、「気付けばいつも同じ格好」……etc. そんなあるある悩みを解消するには、クローゼットの見直しが近道。でもただモノを少なくするのは大間違い! 憧れの理想像に向かって、今あるものを取捨選択、そしてワードローブをより引き立てるものを買い足すことで、なりたい私になれるんです!
pattern_1
pattern_1
pattern_1
pattern_1

みなさんのお悩みを聞いて、共通して言えることは……

☑自分が実現したい"なりたい像"をしっかりとビジュアル化すべき

漠然と〝こうなりたい〞と思っていても近づけないもの。まずは雑誌やSNSで憧れのテイストを見つけて、それに沿って手持ち服を整えて。

☑コーディネートのレパートリーはアイテム数よりも"受けのアイテム"次第!

存在感のある服も、受けのアイテム次第で印象は変えられる! 服の数を増やす前に、着まわしの基礎となるベーシック服を見直そう。
\例えば/
pattern_1
\スタイリスト石川さん流/

断捨離の基本的な考え方

pattern_1

なりたい像も手持ち服も〝見える化〟する

具体的なイメージを持つことが、憧れを叶える近道! 写真を撮ってアルバムやアプリにまとめるなど、なりたい像と手持ち服を可視化しよう。

     ⇩
pattern_1

手持ち服をする色 or シルエットが似ているもの同士にまとめる

同じような服が溢れている人は特に重要! 多いアイテム・色や、逆に少ないものをチェックして、ワードローブの現状をしっかりと把握して。

     ⇩
pattern_1

「なりたい像」を基準に取捨選択

STEP2でまとめたものの中で、なりたい像にハマらないものは断捨離! 
ハマっていても数が多いものは、用途が同じになるので減らすのがオススメ。

     ⇩
pattern_1

2週間以内に一度も着ていない服は断捨離候補に

お呼ばれ服などの特別なアイテムを除いて、2週間のうちに着ないものは、なくてもほぼ困らない&別のもので代用が利くもの。潔く捨てましょう!

     ⇩
pattern_1

買うときは最低3パターンの服と合わせられるか考える

同じ3パターンでも、印象が異なる3パターンならなおよし! 「白しか合わない」など、合わせる色orアイテムが極端に限られるものは要注意。
次のページ>>断捨離後の服も捨てずに活用するならコチラ!  
53 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ