ファッション
ファッションで私らしく

【知っておきたいオトナの名品】SDGsにも貢献できる! クロエの新作「バスケットトート」に注目

そろそろ知っておきたい。「大人の名品」

自分だけじゃなく、誰かのためにもなる━今の時代の“欲しい”基準を満たすのは、SDGsに貢献でき、オトナの意識も高まる名品。今回はクロエと、世界フェアトレード機関に加盟するMIFUKOがタッグを組んで生まれたバッグをご紹介

《No.32 ChloéのWOODY BASKET BAG》

pattern_1
「MIFUKO」は、ケニアの農村に暮らす女性たちに、安全な労働環境や安定した収入などを保証することによって経済的な自立を支援。バッグの内側には、バスケットを作った女性職人のサインが入ったタグが付けられています。

“WOODY”バスケットバッグ ラージ¥74800、ブラウス¥192500、リング(左手)¥47300、リング(右手)¥48400( 2 本セット)、パンツ¥166100、靴¥116600/以上クロエ(クロエ カスタマーリレーションズ) その他/スタイリスト私物

働く女性を明るく照らす、上品なバスケットトート

「“買う”というアクションによっておしゃれ欲を満たすだけでなく、女性の働く環境向上への支援もできるっていうのが、今の時代に合っていて素敵ですよね」と聡子が語るのは、クロエの新作、“WOODY”バスケットバッグです。

1952年にギャビー・アギョンによって創業されたクロエ。2014年のギャビー逝去後もフェミニニティへの一貫したビジョンを継承するクロエは、女性が無限の可能性や平等な機会を得ることを目的とした、さまざまな取り組みにも参加しています。

ご紹介する“WOODY”バスケットバッグは、世界フェアトレード機関(WFTO)に加盟するMIFUKOとのパートナーシップにより実現したもの。ケニアの女性職人の手で作られた素朴な表情のバスケットと、細部までエスプリが効いたクロエのものづくりが融合し、都会的な雰囲気に仕上がっています。

そんな働く女性の明るい未来を照らすバッグについて、聡子とスタイリスト樋口かほりさんが語りました!
■聡子 「もうね、まず見た目が可愛い! ハイブランドといってもバスケットだから気張らずに、いつものコーデにポンッと合わせるだけで気分上がりそう」

□樋口 
「ほんと、一目で『可愛い』ってなるバッグだよね。よく見ると持ち手が一部レザーになっていたり、底部分にもレザーパッチが配されていたり。軽やかに持てるのにきちんとしたつくりはさすが、クロエ。やっぱり上品だよね」

■聡子 
「活躍頻度が高そうだし、日常使いすることで味が出てきて愛着湧きそうだなって思います。しかも自分のおしゃれ欲を満たせたうえで、女性の経済的な自立支援もできるっていい。身近な経済活動で貢献できるのが嬉しいです」

□樋口 
「価格も比較的お手頃だしね。大きめのバスケットって、あえて白シャツやキレイめパンツに合わせるのが可愛くておすすめです。聡子ちゃんなら?」

■聡子 
「わたしは、最近流行っているエクリュデニムと品よく合わせたいです♡」
次のページ>>聡子が今月リアルに買ったおしゃれ名品も一部ご紹介  
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ