ファッション
ファッションで私らしく
28.Jun.2018

結婚したい女子がこれから目指すべき【“可愛いオトナ”の作り方】

夏の“可愛い”を“オトナ”に格上げするポイント

フリルや花柄やレースetc.、昔から変わらず大好きな甘い服。でもオトナになるにつれ、年齢とのギャップに迷いを感じる人が続出中。そこで悩めるwith世代のために、程よく糖質オフしたオトナ可愛いコーデの作り方をご紹介。

今まではこうでした

甘派の定番、花柄フレアースカートはジャストひざ丈が主流。フリル袖のトップスやパステルカラーの小物を合わせた甘×甘な着こなしは、全体的にやや幼い印象。
pattern_1
すべて/スタイリスト私物

甘いココロは忘れずに、 少しの更新でイメージを一新

形や柄は甘いけど、丈が長かったり色がシャープなスカートならそれだけでグッと大人な印象に。さらに合わせは引き算アイテムのシンプルニット。仕上げに上質バッグで高見えさせれば"オトナ+可愛い"コーデの完成!
pattern_1

ココを更新!

□ パステルカラーをやめてみる
□ 甘アイテムには引き算アイテムを
□ スカート丈を長くする
□ 小物でさらに格上げする

[宮田聡子]
ニット¥4500/ジーナシス(アダストリア) スカート(リボン付き)¥9800/ココ ディール バッグ¥49000/ケイト・スペード ニューヨーク(ケイト・スペード ジャパン) 靴¥13000/ピシェ アバハウス(アットシェルタ) ピアス¥1800/アネモネ(サンポークリエイト) ゴールドバングル¥973/アビステ シルバーバングル¥8000/ノジェス 時計¥65000/アガット

大好きな“甘い服”を諦めずに、大人可愛いワタシになろう!!

同じ甘い服でも色味やシルエットで、大人っぽく見せることができるので、大好きな“可愛い”は諦めず、少しの勇気を持って“大人可愛い”を目指しませんか?
きっと新しい自分に出会えるはずです!

撮影/須藤敬一(モデル)、柏原力(ノート) スタイリスト/小山田早織 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/宮田聡子(with本誌専属) 取材・文/大森奈奈 デザイン/ラチカ

 
49 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ