ファッション
ファッションで私らしく

エルメスのサンダル「オラン」の人気の秘密【知っておきたいオトナの名品】

そろそろ知っておきたい。「大人の名品」

洗練されたオーラを放つホンモノを手に入れること━━それはつまり、視野が広がっている過程であり、審美眼が養われている証拠でもある。リアルに欲しい名品だけをお届けするこの連載、今回は、エルメスのオランをご紹介します。

《No.37 HERMÈSのサンダル「オラン」》

pattern_1
素敵な大人のスタイリングに必ずと言っていいほど、合わせられているのがこの「オラン」。メゾンのイニシャル"H"をかたどったアッパーが、甲を立体的に包み込んで履きやすいのも人気の秘密です。

サンダル「オラン」¥117700/エルメス(エルメスジャポン) その他/スタイリスト私物

メゾンのイニシャル である〝H〞をかたどったフォルムは唯一無二の美しさ

「いわゆるレザー素材のベーシックモデルを知っているからこそ、遊びを効かせたこの新作は、めっちゃ新鮮!」と聡子が語るのは、エルメスのサンダル「オラン」。
説明不要の名作に、もこもことしたボリューム感が可愛らしいシープスキンが登場しました。

1837年、フランス・パリで馬具の工房としてその歴史が始まったエルメス。メゾンを象徴するイニシャル〝H〞はいくつか種類があり、1988年からレディスシューズ部門のアーティスティック・ディレクターであるピエール・アルディがメゾンのコードを再解釈し、新たに生まれたイニシャルモチーフも注目を集めました。

この「オラン」シリーズは、1997年、ピエール・アルディがアルジェリアの地中海に近い街・オランにインスパイアされて生まれたもの。普遍的なフォルムでどんな着こなしもオトナに昇華してくれ、誕生から20年以上経った今も世界中の女性から愛される「オラン」。今っぽく合わせるコツは、二人の対談をご覧ください。
■聡子 「ついに満を持して、エルメスの『オラン』の登場ですね!」

□樋口 
「『オラン』といえば、幅広い年齢層の女性たちが永く愛用している、定番中の定番シューズ。ラフに履けるサンダルなんだけどやっぱり素材が上質だから、一目でよさがわかるよね。流行に左右されないし、本当に毎年使えるよ」

■聡子 
「アッパーがレザーのオランは、カジュアルな服をキリッと見せてくれるのに対し、このシアリングシープスキン素材はとにかく愛らしいですね。ついつい部屋でも履きたくなっちゃいそう(笑)。素材が違うと"H"の印象もまた変わる!」

□樋口 
「そうだね。あと、このピンクベージュっぽい絶妙な色もたまらない。ネイルも同系色にすれば統一感も出るし、いつものスカートコーデに可憐さを控えめに足せるよ」

■聡子 
「なるほど、ネイルの色合わせもコツなんですね。エルメスってバッグも名品揃いだけど、靴も秀逸。頑張って自分へのご褒美として欲しくなる一足です」
次のページ>>聡子が今月リアルに買ったおしゃれ名品も一部ご紹介  
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ