ファッション
ファッションで私らしく

宮田聡子×樋口かほり そろそろ知っておきたい オトナの名品《No.23 PRADAのサングラス》

そろそろ知っておきたい。「大人の名品」

身につけるだけで着こなしを素敵に見せ、オトナっぽさが薫る̶そんな名品をお届けするこの連載。今回は夏のオシャレの必需品でもある、PR ADAのサングラスをご紹介します。フェミニン派も似合う、さりげなく個性引き立つデザインは必見!

No.23 ◆ PRADAのサングラス

pattern_1
ゴールド×ピンクのメタルフレームが女らしい着こなしになじみながらも、プラダならではの可愛げな“モード”っぽさを主張。

サングラス¥40000/プラダ(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) その他/スタイリスト私物

夏に欠かせないアイテムのひとつ、サングラス。その実用性は言わずもがな、サラッと掛けるだけで着こなしのオシャレ度を高めてくれ、その人のセンスを発揮できる重要な存在でもあるんです。

「持ってはいるけれど、バリッと決まりすぎるのはなんだか気恥ずかしくて……どうしても必要なとき以外なかなか掛けられない」という、意外にも(⁉)サングラス初級の聡子と、達人のスタイリスト樋口かほりさんの2人が、「オトナの名品」としてオススメするのが、プラダのラウンドシェイプサングラスです。

プラダが創業したのは、1913年。1970年代後半に創業者の孫娘、ミウッチャ・プラダがブランド事業を引き継ぐと、現代の自立した女性像に合うスタイリッシュなデザインが反響を呼び、人気を不動のものに。以前、この連載ではプラダのカラーパンプスをご紹介しました。

こちらのサングラスも働く女性のスタイルに調和しながらもプラダらしいエッセンスを効かせた秀逸なデザインが魅力です。それでは、聡子と樋口さんのサングラストークもご堪能あれ♡
pattern_1

サラリと掛けるだけで洗練されたオトナな表情にアップデート

■聡子 「サングラスは10個くらい持っているんですけど、その中から日常で気負わずに使えるものとなると、意外と少なかったりするんです。このプラダのサングラスは派手になりすぎず掛けやすいのに、洗練されていてすごく素敵!」

□樋口 
「今は、服自体がシンプルだったり、地味色アイテムを掛け合わせたりする傾向にあるから、顔にもコーデにも浮かずになじむ存在のものがいいよね。ハイブランドのサングラスなら品のよさも加わって、持っていたら長く使えるはず」

■聡子 
「よく見るとフレーム部分がゴールドとピンクの組み合わせになっているのもさりげなく可愛い。サングラス選びの失敗しないコツってありますか?」

□樋口 
「薄いブラウン系やグレー系のレンズを選ぶのがコツかな。このプラダのサングラスは優しいグレー~ピンクグラデだから女っぽいコーデにも合うんだよね」

■聡子 
「ラウンド型で、だてめがね感覚で気軽に使えそうなところも気に入りました!」
次のページ>>聡子が今月リアルに買ったおしゃれ名品も一部ご紹介  
25 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ