ファッション
ファッションで私らしく

人気スタイリストの「コーデルール」ほぼワントーンが「上品見え」する理由

スタイリスト池田メグミさんのコーディネートがシンプルなのに素敵に見える理由

さりげないのに、なぜか印象に残る。シーンになじみ、会う人に好感を与える。“池ちゃん”のスタイリングは、毎号読者から大好評。今号では、そんなコーデの秘密を深掘り。with世代のおしゃれをワンランク上げてくれるテクニックの数々を教えちゃいます!

スタイリスト 池田メグミさん

pattern_1
Profile
大学卒業後、会社員を経て、スタイリスト村山佳世子さんに師事。4 年のアシスタント期間を経て独立し、現在は『with』を始めとする女性誌で、主に働く女性向けのスタイリングを提案している。

池ちゃん's ルール

上品にまとめたい日は“ほぼワントーン”に頼る

「おしゃれが決まらない!と感じたら、まず修正すべきは使う色数。同じようなトーンの色で全身をまとめるだけで、即あか抜け&上品見えが叶います。のっぺりしないよう、違う質感や濃淡のあるアイテム同士を合わせるのがポイント♪」
\Yellow Beige/

肌なじみのいいカラーリングで明るく春らしいイメージに

pattern_1
「今季ベージュを着るなら、イエロー寄りのいわゆる“卵色”っぽいカラーがイチオシ。ともすれば地味見えしがちなベージュワントーンも、潑溂としたイメージに昇華します」
ブラウス¥15000/ジャーナル スタンダード レサージュ(ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店) パンツ¥28000/ミュラー オブ ヨシオクボ(ミュラー オブ ヨシオクボ) バッグ¥45000/フルラ(フルラ ジャパン) パンプス¥47000/ネブローニ(アルアバイル) ピアス¥32000/マリハ
\Gray/

ニットとシアープリーツ異素材コンビでメリハリUP!

pattern_1
「シックなグレーは、抑揚のある素材を合わせる、顔周りに白をさすなどの工夫でコーデに奥行きを」
ロンT¥7000/ジャーナル スタンダード(ジャーナル スタンダード 自由が丘店) カーディガン¥4900/レプシィム(アダストリア) スカート¥16000/ストロベリーフィールズ(シュガー・マトリックス) バッグ¥36000/イアクッチ(イアクッチ大丸東京店) コインネックレス¥20000、チェーンネックレス¥32000/マリハ 靴¥140000/マリー・ルイーズ(ラヤン)
\Navy/

端正なネイビーでブルーをサンド。抜け感のある知的コーデを目指して

pattern_1
「きちんと見せたいときの定番カラー・ネイビー。本気ワントーンだとメンズライクに傾きすぎるため、さわやかなライトブルーや白を投入すると、軽やかで女性らしい着こなしに仕上がります」
シャツ¥19000/サイ(ビショップ) スウェット¥13000/ザ シンゾーン(ビショップ) スカート¥12700/アクテ ネックレス¥8000/ルル・ウィルビー(アルアバイル) バッグ¥52000/ロンシャン(ロンシャン・ジャパン) 靴¥11000/スペース クラフト(UTS PR)
◆続きはwith5月号をご覧ください!

◆こちらの記事もおすすめ!
pattern_1
ベーシック8:トレンド2が正解!好きなコーデランキング1位常連のマル秘コーデ術
撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE/モデル)、魚地武大(TENT/静物) スタイリスト/池田メグミ ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮田聡子(with本誌専属)、堀田茜 取材・文/栗田瑞穂 構成/佐藤美穂
●再構成with online編集部 ●商品情報はwith2020年5月号発売時点のものです。
*この記事は3月27日発売with5月号が元記事のため、記事内の商品価格は外税になります。

with onlineのおすすめ記事がLINEに届く♡

with onlineのニュースをLINEで大好評配信中! LINE公式アカウント「with online」では、読むだけで女を磨ける連載や旬なファッション、美容情報、恋愛、お仕事、マンガ、占いなど、コンテンツ盛りだくさんでお届けします。
友だち限定プレゼントも! 上のボタンからぜひ友だち追加してね♪
 
37 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ