ファッション
ファッションで私らしく

「ロエベ」のパズルバッグを推薦!時代に合ったバッグと宮田聡子&スタイリスト・樋口かほり絶賛

そろそろ知っておきたい。「大人の名品」

いつまでも色あせない普遍的な名品や、新しい価値観に合った名品をご紹介しているこの連載。今回、二人が注目したのは、ナノサイズ&カラフルな見た目に心がときめく、ロエベのパズルバッグの新作です!

《No.30 LOEWEのPuzzle Bag Nano》

pattern_1
アクセサリーのように持てるチェーンショルダーストラップ付き。

バッグ(縦8.5㎝×横12.5㎝×マチ5.4㎝)¥138000/ロエベ(ロエベ ジャパン クライアントサービス) ジャケット¥36000、タンクトップ¥10000、パンツ¥30000/カーサフライン(カーサフライン表参道本店) 靴¥32000/ピッピシック(ベイジュ)

日常にワクワク感をもたらしてくれる“最小限”バッグ

「まさに、時代に合ったサイズのバッグ!」と、聡子とスタイリスト樋口かほりさんが絶賛するのが、ロエベの「パズルバッグ ナノ」。「ナノ」は1月末に登場したばかりの新作です。

ロエベは、1846年にスペインのマドリードで誕生したラグジュアリー・ブランド。レザーの品質が高いことで評判を博し、1965年にはアパレルも展開するように。2013年にはクリエイティブ ディレクターにジョナサン・アンダーソンが大抜擢。

ロエベの新たなアイコンのひとつにもなったバッグ「パズル」シリーズは、2015年にジョナサンの手で生み出されたものです。

今回、聡子が持った「パズルバッグ ナノ」は、「パズルバッグ ミニ」のさらにひと回り小さいサイズ。精巧なカッティング技術による「パズル」ならではの立体的な形状はそのままに、アクセサリー感覚で持てる“可愛らしい存在感”に仕上がっています。そんな「ナノ」の魅力と、最近のミニバッグ事情について二人が語りました!
■聡子 「 『パズルバッグ』といえば、この幾何学的なデザイン! やっぱりオリジナリティがあって素敵ですよね。これがナノサイズになるなんて……!」

□樋口 
「この明るいイエローとも相まって、目を引く可愛さだよね。最近、スタイリングでもこういうかなり小さなバッグを使うことが増えたよ。このサイズって、コーデとのバランスも簡単にとれるし、なにしろ女っぽく見えるのがいい」

■聡子 
「ひとつあるだけでシンプルな服も一気にオシャレに見せてくれそうですよね! ところで、樋口さんならこの小さなバッグに何を入れますか?」

□樋口 
「リップ、アルコールジェル、ハンドクリームかな。聡子ちゃんは?」

■聡子 
「わたしは、リップクリームやパウダー、小さいお財布、鍵ですかね。昔より持ち歩く荷物が減ったこともあって、ポーチとして使える大きさがあれば充分! 『パズルバッグ ナノ』ってまさに今の時代ならではのバッグですね」
次のページ>>聡子が今月リアルに買ったおしゃれ名品も一部ご紹介  
28 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ