ファッション
ファッションで私らしく
11.May.2020

《脱・柄コーデ》今季はちょいゆるめ&レイヤードにするだけで今っぽコーデに♡

Stylist 樋口かほりさんプレゼンツ 「柄」をやめたらセンスが育つ!

一見シンプルなのに、今っぽくてこなれてる――そんな絶妙なバランスが大好評の、樋口かほりさんのスタイリング。どこかに「柄」がないと安心できないわたしたちのために、樋口さん流“センスが高まる無地コーデ”の秘訣を教えてもらいました!

すべてがジャストサイズはやめて、ちょいゆるめにするだけで今っぽくなる!

全部を真面目に着てしまうと、いい意味で“違和感”は生まれない。あえて「どこかにゆるいニュアンスを出す」ことが今っぽさにつながるそう!

コーデの仕上げにロング丈トレンチを肩掛けして“覆う”

「ベージュ×黒の基本色こそ、ロング丈のオーバートレンチで“ゆるさ”を取り入れるとサマになる。長めのアウターなら縦のラインが強調されてスタイルアップにも!」
pattern_1
トレンチをゆるっと。
カットソー¥9000/ソブ(フィルム) コート¥59000/DAGMAR、バッグ¥38000/カパフ(メゾン イエナ) スカート¥12000/withcloset(sitateru SPEC) 靴¥13000/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

体を華奢に見せる、オーバーサイズが決め手です。

「幼い印象になりがちなショートパンツにこそ、“ゆとり”を感じる大きめシルエットのトップスで大人っぽい表情に。薄手のニットならキレイめコーデとも好相性」
pattern_1
ニットをゆるっと。
プルオーバー¥11000/スピック&スパン(スピック&スパン ルミネ新宿店) 手に持ったジャケット¥45000、ショートパンツ¥23000/ミジョング・パーク(メゾンイ エナ) 靴¥ 13000/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

長いもの同士を重ねることで、揺れる裾が可愛い♡

「シャツワンピって一枚でも着られるけれど、カラースカートを重ねると、歩くたびに揺れる裾が強調されて可愛いんです。ルールにとらわれずにサブとしても使うのもアリ」
pattern_1
ロングスカートをレイヤード
ワンピース¥29000/ティッカ、靴¥8900/NICOLAS LAI NAS(スピック&スパン ルミネ新宿店) スカート¥18000/カーサフライン(カーサフライン 表参道本店) バッグ¥6900/ラウゴア 

ブラウスのフリルを覗かせて控えめなガーリースタイルに。

「首元と袖からフリルを出すことで、手持ちのシンプルなカーデが早変わり! 基本色でまとめると甘さ控えめに」
pattern_1
フリルブラウスをレイヤード。
カーディガン¥15000/マカフィー(トゥモローランド) ブラウス¥29000/カーサフライン(カーサフライン表参道本店) パンツ¥22000/ソブ(フィルム)  バッグ¥32000/アディナ ミューズ(アディナ ミューズ シブヤ) 靴¥ 14900/ア ドゥ ヴィーヴル
\教えてくれたのは/

Stylist 樋口かほり

pattern_1
飾らない女性像をイメージさせるシンプルなスタイリングやこなれた小物使いが人気で、スタッフからの信頼も厚い。本誌では連載「オトナの名品」を担当。さまざまなファッション誌で活躍し、広告やカタログのスタイリングも多数手がける。
◆こちらの記事もおすすめ!
pattern_1
《脱・柄コーデ》無地以上、柄未満の「夏素材」でメリハリをつくる♡
まだ読んでいない方はこちらから!
     ↓↓↓
撮影/東 京祐 スタイリスト/樋口かほり(kind) ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/宮田聡子(with本誌専属) 取材・文/佐藤美穂
●再構成with online編集部 ●商品情報はwith2020年6月号発売時点のものです。
 
36 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ