ファッション
結婚できる正解コーデ
05.May.2020

《脱・柄コーデ》無地以上、柄未満の「夏素材」でメリハリをつくる♡

Stylist 樋口かほりさんプレゼンツ 「柄」をやめたらセンスが育つ!

一見シンプルなのに、今っぽくてこなれてる――そんな絶妙なバランスが大好評の、樋口かほりさんのスタイリング。どこかに「柄」がないと安心できないわたしたちのために、樋口さん流“センスが高まる無地コーデ”の秘訣を教えてもらいました!

「“無地以上、柄未満”の夏素材で、メリハリはつけられる」

柄ナシだと不安なのが、“のっぺり”地味見え。「白・ベージュをベースに夏素材を足せば、難しく考えなくてもメリハリが生まれる」という樋口さん提案の素材使いを早速真似してみて。

夏素材1:×シースルー

「白~ベージュの透けトップスなら肌見せも上品」

肌のヘルシーな透け感を味方につけて、女性らしい、マイルドな雰囲気に。
pattern_1
トレンドの“透け”ブラウスは派手に見える黒よりも、白やベージュでヘルシーに。茶のインナーやパンツでワントーンにすると簡単。
ブラウス¥28000/ウーア(スピック&スパンルミネ新宿店) ブラトップ¥7800/カーサフライン(カーサフライン表参道本店) パンツ¥21000/スタニングルアー(スタニングルアー青山店) リング¥23000/ベアトリス・パラシオス(シティショップ)

夏素材2:×レース

「“ちょっと大人すぎ?”なボトムが好バランスです」

「ザ・甘い服」というイメージをボトムとの合わせで払拭して、適度に大人っぽく昇華。
pattern_1
「レースが甘く、可愛らしい印象なので、脚を出しすぎないワイドパンツや、メンズっぽいデニムパンツで等身大の着こなしに調整してメリハリを」
インナー付きブラウス¥25000/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) パンツ¥36000/リト(スピック&スパンルミネ新宿店) バッグ¥38000/リエンピーレ(メゾンイエナ) 靴¥14500/ダイアナ(ダイアナ銀座本店)

夏素材3:×リネン

「夏らしいリネンワンピは凝ったフォルムの一枚を」

夏の訪れを感じさせるリネンは、思いきってワンピースで取り入れるのが新鮮。
pattern_1
リネンって夏っぽいざっくり感が魅力だけれど、必要以上にカジュアルに見えてしまうことも。ワンピの中でもデコルテの開いたものや女っぽいデザインを意識して選んだり、もしくはスカーフ使いなどで少しだけレディ要素をプラスしたりするのがコツです。
ワンピース¥36000/カーサフライン(カーサフライン表参道本店) 首に巻いたスカーフ¥1900/原宿シカゴ神宮前店

夏素材4:×ストローハット

「つば広ストローハットで、単調なコーデもシックに」

Tシャツやカットソーなど、サラッとした服を素敵に格上げするのは、つば広めのタイプ。
pattern_1
暑い時季の休日スタイルって、楽に着られるTシャツやカットソーがワードローブのメインだったりするもの。そういったコーデのときこそ、ストロー素材のハットやバッグを足すと夏らしいムードが加わって存在感がぐんと引き立ちます。リボン付きのつば広タイプが今年っぽくて◎。
ハット¥11000/FERRUCCIO VECCHI、ワンピース¥26000/イエナ(ともにメゾンイエナ)
\教えてくれたのは/

Stylist 樋口かほり

pattern_1
飾らない女性像をイメージさせるシンプルなスタイリングやこなれた小物使いが人気で、スタッフからの信頼も厚い。本誌では連載「オトナの名品」を担当。さまざまなファッション誌で活躍し、広告やカタログのスタイリングも多数手がける。
◆こちらの記事もおすすめ!
pattern_1
《柄コーデをやめる》トレンドデザイン&キレイ色を主役に無地アイテムで盛る♡
まだ読んでいない方はこちらから!
     ↓↓↓
撮影/東 京祐 スタイリスト/樋口かほり(kind) ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/宮田聡子(with本誌専属) 取材・文/佐藤美穂
●再構成with online編集部 ●商品情報はwith2020年6月号発売時点のものです。
40 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ