編集部|ファッション
04.Apr.2019

【Repetto】宮田聡子×樋口かほり そろそろ知っておきたい オトナの名品《No.09 Repettoのバレリーナシューズ》

そろそろ知っておきたい。「大人の名品」

これから一緒に時間を重ねていきたい、オトナの名品を紹介するこの連載。今回お届けするのは、女性の可愛らしさをさりげなく引き立ててくれるレペットのバレリーナシューズ。色違いで揃えたくなっちゃうかも♡
pattern_1

No.09 ◆ Repettoのバレリーナシューズ

[宮田聡子]ミドルヒールタイプの「カミーユ」は、さりげなく〝脚長〞に見せられるのも魅力。靴¥37000/レペット(ルック ブティック事業部) ブラウス¥14000/エムエルエム レーベル(ジャック・オブ・オール・トレーズプレスルーム) スカート¥22000/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) その他/スタイリスト私物
・・・
重いコートを脱いで、一気に身も心も軽くなる春! そんな時季にこそオススメなのが、聡子が「2 足目も検討している」というレペットのバレエシューズです。レペットは、1947年にローズ・レペットが小さなアトリエでダンスシューズをデザインしたことから始まったフランスのラグジュアリー ダンスブランド。1956年にはフランス人女優のブリジット・バルドーのリクエストでフラットバレエ靴である〝サンドリオン〞が生まれ、映画『素直な悪女』で着用して大人気商品となり
ました。レペットが生み出すデザイン性の高いアイテムは次第に注目を浴び、ファッションとしての靴やバッグ、小物など幅広く展開。特に、バレエシューズの技術を応用したタウン用バレリーナシューズは、履き心地と女性らしさを引き立てるデザインでセレブリティからも絶大な支持を獲得し、レペットは世界的に有名なブランドとしての地位を確立しています。
今回は、聡子とスタイリスト樋口かほりさんがこの春注目しているミドルヒールのバレリーナシューズ「カミーユ」をお届け!
pattern_1

一歩一歩の足取りを 品よく見せてくれる お守り的シューズ♥

■聡子 「 春真っ先にほしいのがバレリーナシューズ。中でもレペットの靴は可愛くて歩きやすいから、すでに持っているけどもう一足ほしい(笑)」

□樋口 「 私も赤とネイビーの2足を持っているけど飽きずに履けるよね。スニーカーほどカジュアルすぎず、ローファーほどかっちりしない絶妙な存在感!」

■聡子 「 ベーシックな色もいいけれど、今回みたいに大胆な赤っていうのが素敵。黒のワンピースに合わせたり、デニムパンツでフレンチっぽく見せたり」

□樋口 「 あとベージュのワントーンコーデに合わせるのも女性らしくていいよ。バレリーナシューズで色を効かせるなら、その分服はワントーンにしたり、色使いを抑えめにしたりするのが上品に見せるコツかな」

■聡子 「 それなら大人っぽさも両立できますね。ちょっとヒールのあるこの『カミーユ』ならスタイルもよく見えるから、一足あると重宝しそうです♡」

次のページ>>聡子が今月リアルに買ったおしゃれ名品も一部ご紹介

23 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ