編集部|ファッション
02.Dec.2017

モヘアと花柄。なのに甘すぎない”色み”のマジック

モヘアと花柄。なのに甘すぎない”色み”のマジック

pattern_1
花柄は絶対に甘くコーデするのはNG。合わせの色みにこだわって大人っぽい色気を漂わせて。
デートの日におすすめのこのコーデ。冬の花柄はダークトーン×ダークトーンが正解です。できるだけ大人っぽく合わせたいので、今回はトップスに深めのブラウンをセレクト。ダークトーンの中でもブラウンは他のブラックやネイビーと違い、温かみを感じさせられます。足元に色みのあるパンプスを合わせてオシャレ感もプラス。ヘアアレンジなどディティールにこだわるとさらにバランスがよくなります。
ニット¥18000/デイシー 新宿ルミネ店 スカート¥18000/イエナ(メゾン イエナ) バッグ(12月中旬発売予定)[19×20×7]¥17500/ハシバミ(コレクト) 靴[7]¥16500/ビノシュ(カルネ) 靴下¥1000/17℃(ブロンドール 新丸の内ビル店) ピアス¥2300/アネモネ(サンポークリエイト)

撮影/藤原宏(Pygmy Company)、スタイリスト/蛭井千夏、ヘア&メイク/YUMBOU、モデル/佐野ひなこ
※再構成/with online編集部 ※[ ]の数字はバッグの大きさ(縦×横×マチ)、もしくは靴のヒールの高さを表し、単位は㎝です。
5 件

キーワード

あなたへのおすすめ