ファッション
お洋服愛溢れすぎ。弁護士sayaのおしゃれ六法

数年前のお洋服、今年も着られる? 判断基準と今年流の着こなし方を伝授します!【弁護士sayaのおしゃれ六法vol.31】

形も柄も合わせ方も......【トップス】はガラリと進化しています!

襟抜きシャツ・オフショルブラウスは手放そうかな?

数年前は、襟抜きシャツやオフショルブラウスを、前だけインして、パンツと合わせる着こなしが大ブームだった記憶が。前が短く後ろが長い「前だけイン前提のシャツ」もたくさん出ていたような気がします。
pattern_1
【左】の襟抜きシャツとか、【右】のオフショルとか、こういうのです!(笑)前だけインして、後ろに向かってゆるっと抜け感を出す着こなしがトレンドでしたが、最近まったく見ないと思いませんか……? このバスケット型のかごバッグも、今は自宅のインテリアになっています(笑)。
この形のシャツやブラウスは、ちょっと古く感じてしまうので、手放しどきかなぁ……。写真のオフショルブラウスはワードローブイチのお気に入りなので、肩を出さずに引き続き着るつもりです。肩を出さずに着られないデザインのものは手放します。

一方、この春トレンドは、シャツならバンドカラーや長め丈、ブラウスなら袖コンシャス・襟コンシャスなもの。これらに当てはまるのものは今年もガンガン着ていきます! 完全にウエストアウトして、細身のパンツを合わせるのが今年流ですよ~
pattern_1
最近のシャツやブラウスは、ウエストアウトできるような丈・デザインで作られています。
手持ちのシャツ・ブラウスも、ウエストアウトしてみて違和感がなければアウトで着ちゃいましょう!

あんなに流行ったボーダーやギンガムチェックは、ほとんど見かけなくなりました

ここ数年、ボーダーのトレンドって落ち着いてしまいましたよね。2015~2016年頃の春夏は、本当にボーダーばかりだったのに……。わたしも当時は、色違い・太さ違いで何種類も持っていました。

それから、春といえばギンガムチェック! というイメージだったのに、今年はほとんど見かけません。スカートやワンピースならたまに見るけど、トップスは本当に見ない……!

手持ちのボーダートップス・ギンガムチェックのシャツやブラウスは、お気に入りでご近所用にまわすものを除き、手放そうかなと思っています
pattern_1
【左】この無印のボーダーTシャツを、色違い・太さ違いで何枚も買っていました。【右】2016年頃、ボーダーもギンガムチェックも、モノトーン+赤でフレンチシックに合わせるのがお気に入りだったんですよね~。今は赤小物もほとんど合わせないですね。
pattern_1
司法試験に合格した記念に買った、ロアフィリーのボーダートップス(左)や、台湾のお洋服屋さんで買ったギンガムチェックのブラウス(右)は、お気に入り過ぎて手放せないので、これからもご近所コーデで着ます!
今年は袖コンシャス・襟コンシャスなどデザインが凝っている分、柄は大人しいものが多い印象です。白×ブルーのストライプはよく見かけますね
次のページ>>【ボトムス】の「まだ着られる・もう古い」ジャッジポイントと、今年流の着こなしを解説!  
72 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ