ファッション
お洋服愛溢れすぎ。弁護士sayaのおしゃれ六法

さりげなさが大切♡大人の「リンクコーデ」のつくりかた【弁護士sayaのおしゃれ六法vol.82】

連休は、リンクコーデでお出かけしてみませんか?

こんばんは。
以前より、SNSなどを通じて「大人のリンクコーデが知りたい!」という声をいただくことがちょくちょくあるので、本日は夫と出かけるときのリンクコーデをご紹介したいと思います。

同じ雰囲気のコーデでお出かけすると、並んで歩くのもちょっぴり楽しかったり、お出かけ先で撮った写真も、なんとなくまとまり感が出て映える気がします。

とはいえ「いかにも!」なお揃いコーデだと少し恥ずかしいので……お揃いではないけど、雰囲気はマッチしている、そんなちょうどいいバランスが難しいんですよね。そんなわたしなりのリンクコーデのつくり方をお伝えします!

「テイスト」→「メインカラー」→「ベーシックカラー」の順に考える

つい色を揃えたくなりますが、大切なのはテイスト!

pattern_1
全体的にきれいめアイテムでまとめたコーデ。色を全部揃えなくてもまとまり感が出ます。スカート/OdekakeMae パンプス/Pellico バッグ/CELINE
いかにもなリンクコーデを避けるために、色ではなく全体的な雰囲気を揃ええます。

Tシャツやデニム、スニーカーなど「カジュアル」にするか、ジャケットやハイヒールなど「きれいめ」にするか、まずはざっくりとテイストを決めます。

ざっくりとテイストを決めたら、次に「メインカラー」を決めます。

pattern_1
メインになる「ラベンダーパープル」を、わたしはボトムで、夫はアウターで取り入れています。トップス/MIELI INVARIANT パンツ/UNIQLO パンプス/DIANA バッグ/CELINE
ラベンダーパープルをメインカラーにしたリンクコーデ。メインカラーを同じアイテムに持ってくると「お揃い感」が強くなるので、例えばわたしがトップスだと夫はボトムにしたり、夫がアウターだと、わたしはボトム……など、メインカラーを入れる場所をずらすのがおすすめです。

メインカラー以外のアイテムは、ベーシックカラーでまとめるとかんたん!

pattern_1
ちなみに冒頭で紹介したコーデ。「白地にブルーの花柄」をメインにしつつ、わたしはベージュ、夫はキャメル~ブラウンを合わせています。
まったく同じ色でなくとも、黒とグレー、ブラウンとベージュなど、近いベーシックカラーで合わせれば十分まとまり感が出ますよ~

こんなふうに、「テイスト」→「メインカラー」→「ベーシックカラ―」の順に考えれば、お揃いすぎない、ちょうどいいバランスのリンクコーデがかんたんにできます♡
pattern_1
スウェットやスニーカーなど辛口カジュアルでまとめたコーデ。インナーやボトム、スニーカーの色を揃えすぎないようずらしています。
もちろん、メインカラーを入れず、モノトーンやベーシックカラーでまとめてもOK。「テイストを揃えること」「同じアイテムを同じ色で揃えすぎないこと」を意識します
次のページ>>リアルなリンクコーデをまだまだご紹介!
31 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ