ファッション
お洋服愛溢れすぎ。弁護士sayaのおしゃれ六法

5つのルールで失敗が激減! ネットショッピング攻略法とおすすめECブランド【弁護士sayaのおしゃれ六法vol.27】

最近、ネットでお洋服をよく買うようになりました

こんにちは。
ここ1年、ネットでお買い物する機会がぐっと増えました。実店舗がなかなか遅くまでやっていないというご時世もありますが、「ECオンリーブランド」で、素敵なアイテムが増えたからというのもあります!

そこで今回は、ネットショッピングのときに私がいつも気をつけているポイントや、参考にしている情報、最近ハマっている「ECオンリーブランド」など、「ECサイトでのお買い物あれこれ」を、過去の失敗談を含めてお話します!

ECサイトでのお買い物、失敗しないためのポイント

実際にわたしがお買い物するときのリアルな手順で、チェックポイントをご紹介します♡

【アイテム選び】失敗率が高いのは○○と○○!?

ずばり「バッグ」と、「自信がない部位のアイテム」です。

まずは「バッグ」について。

「サイズが合わない」という問題がないので、失敗しにくいイメージかもしれませんが、バッグほど「ECサイト上の写真」と「実物」の差を見極めるのが難しい商品はないと思っています。特に革の高級感・安っぽさとか。
pattern_1
公式ECサイトの写真では、きれいな円柱型で、網目部分もロープのような立体的な革で編まれていたのですが、実際には歪んだ四角柱? に、きしめんのような革で編まれていて……。チープな感じが否めませんでした(泣)。
また、ECサイトでお買い物する以上、梱包・配送の過程で折りじわ・畳みじわがつくのはやむを得ないのですが、バッグ(特にプチプラのもの)は、ストラップに折りじわがつくと、なかなか取れないことが多いです。お洋服ならアイロンをかければいいけど、バッグはどうしようもない。なので、割とバッグは避けがちです。
次に「自信がない部位のアイテム」について。

わたしは腰が張っているので、ボトムを買うときは、お尻・太ももまわりが極端に大きく見えないか、脚が短く見えないかを特に気にして選んでいます。身長もあまり高くないので、裾を引きずらないかも心配(実際に、過去にECサイトで買ったパンツの裾がずるずるだったことがあります)。試着のできないECサイトでは、基本的にボトムは買わないようにしています

例えば、肩幅やバストが気になっている方は、トップスは避けた方がいいし、他の方に比べて腕や脚が長い方は、長袖・フルレングスのボトムは避けた方がいいかも。

ECサイトでは、「どのブランドでも大体このサイズを買っておけば大丈夫」と思えるアイテムだけを買うのが無難です。

【シルエットチェック】「置き画」を信用しないこと!

雑誌やSNS、ECサイトの商品画像などでよく見る「置き画」。着画に比べ、アイテムのディテール・コーディネート全体がわかりやすく、パッと見て目を引かれるものが多いと思います。

しかし、この「置き画」、着たときのシルエットやバランスを無視して、最も素敵に見えるバランスで配置できるので、実際に着たときとのギャップが大きくなりやすいんです

例えば、こちらの置き画のレーススカート。この写真だと、「ひざ~足首の間くらいの丈かな?」「ふわっと広がる、フィット&フレアのシルエットなのかな?」と感じませんか?
pattern_1
実際に着てみるとこんな感じ。丈はフルレングス、柔らかいレースなので、お尻から脚の形に自然に沿うようなシルエットです
pattern_1
先ほどの置き画では、スカートとパンプスの間が離れていたためにスカートの丈が短く見え、またスカートをやや広げて置いていたので、張り感があり広がるようなシルエットに見えていたのでした

こんな感じで、置き画と実際の着画とは、結構印象が異なることも多いです。置き画を見て「このアイテム素敵!」と思ったときは、すぐに購入するのではなく、まず冷静に「着画」を探しましょう
次のページ>>「サイズ感」や「色・質感」は、どうやってチェックすればいいの?  
72 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ