ファッション
お洋服愛溢れすぎ。弁護士sayaのおしゃれ六法

お悩み解決&マンネリ打破!冬のオフィスカジュアル「リアルコーデ7Days」!【弁護士sayaのおしゃれ六法vol.68】

特別な日じゃなくてもおしゃれして出社したい

こんばんは。
今回お届けするのはおなじみの冬のオフィスカジュアル特集、冬バージョン! ジャケットにコートを重ねると着ぶくれするお正月休み明けでいまいち気分が上がらない……などなど、冬のあお悩みあるあるやマンネリ打破アイデアも含めて、1週間のリアルお仕事コーデをご紹介したいと思います。

【DAY1】ジャケットを着る日のインナー&アウター選び

ジャケットを着る分どうしても着用アイテム数が増えるので、着ぶくれしないよう調整が必要。いちばん下に着るインナーはキャミソールタイプを選んで、袖がきつきつになるのを避け、その上に着るブラウスやニットも、薄手で体のラインに沿うものを選びます。

アウターは、ジャケットをインしても着られるゆとりのあるものがいいと思います。すっきり見えるノーカラーのロングコートがおすすめ
pattern_1
防寒面が物足りないかも?というとき、私はいつも貼るカイロマフラーを投入。首・手首・足首・腰を温めればお洋服が薄手でもかなり温かくなると思います

【DAY2】気分が乗らない日は意図的にハッピー配色で行く!

繁忙期や残業の翌日、休み明けの出社など気分が乗らない日は、意図的に明るい色を選んで服装から元気をもらいます(笑)。パッと明るいカラーアイテムに白を入れるのがかんたんでおすすめ

ちなみに先日仕事始めは、オレンジ×白のハッピー配色で気分を上げて出社しました!
pattern_1
わたしの職場では、仕事始めの日に氏神様の御祈祷を受けに行きます。オレンジ×白で明るく清らかな気分に。

【DAY3】新年会の日は華トップス×タイトめボトムが鉄板

食事シーンで見られるのは主に上半身なので、お仕事終わりに新年会がある日は上半身盛りでおしゃれします。トップスを目立たせ、ボトムはタイトスカートやテーパードパンツでまとめる「映えブラウス×シンプルボトム」がマイ定番。

映えブラウスは、ボウタイブラウス・フリルブラウスなど、お仕事にも着て行けるものを選びます
pattern_1
華やかなチェック柄のボウタイブラウスで、スーツスタイルも会食仕様に。
次のページ>>ブーツ・マフラーの合わせ方やダウンの攻略法など、冬ならではの通勤コーデまだまだ見せます!  
37 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ