ファッション
お洋服愛溢れすぎ。弁護士sayaのおしゃれ六法

【夏ワンピ14選】一枚で着映えて気分があがる!夏のときめきワンピースを一挙大公開♡【弁護士sayaのおしゃれ六法vol.44】

夏はワンピース1枚のらくちんコーデが欠かせない!

こんばんは。
夏といえば、1枚で着映えして、快適なおしゃれが叶うワンピースが欠かせません。とはいえ、今までのわたしは、1年を通してあまりワンピースを持っていませんでした(着まわしできないので、なんとなく購入の優先順位が下がってしまう)。

でも、コロナ禍で外出の機会が減ると、お出かけするたびにとっておきのおしゃれをしたいと思うようにそうすると、やっぱり1枚でぱっと着映えしておめかしできるワンピースに惹かれることが増えてきました

そこで今回は、最近少しずつ増えてきたわたしの手持ちのワンピース14着を、合わせる小物や着まわし術とともにご紹介します!

◆TPOに合わせて自在に印象チェンジ!「着まわしワンピース」

ワンピースというと、やっぱり「着まわせないのでは?」というイメージがありますよね。まずは、「合わせる小物で、こんなにも印象を変えられる!」着まわし力抜群のワンピースをお見せします♡

1【DRESSTERIOR】 アシンメトリーなリトルブラックドレス

個人的には、まず絶対に1着持っておくべきワンピースといえば、リトルブラックドレスだなぁと思っています。形は自分の似合うものをお好みで。わたしはアシンメトリーな裾がドラマティックなAラインのものを持っています。

2016年秋に購入したものですが、今でも毎年着ている一軍です。合わせる小物次第で、カジュアルにもフェミニンにも雰囲気を変えられるのが楽しい♡
pattern_1
【左】ブルゾン&スニーカーでカジュアルに。【右】鮮やかなブルーとカチューシャ&かごポシェットでフレンチに。
もちろん、結婚式やパーティーなどフォーマルな予定でも大活躍!
pattern_1
【左下】スカーフ&パーティバッグを合わせた結婚式のお呼ばれスタイル。シンプルなブラックドレスも、小物次第で華やかに合わせられます。海辺の会場だったので、フレンチマリンなイメージでした。

2【Spick&Span】 きれい色のマキシワンピース

ぱっとチアフルな気持ちになれるイエローワンピース。Aラインは幼い印象になりやすいですが、ドライな質感のおかげで大人っぽく見えます。

足元はフラットが鉄則です! 革のシンプルなフラットサンダルを合わせるときれいめカジュアルに、スポーツサンダルを合わせるとよりアクティブな印象に。バッグやアクセサリーもカジュアルに振った方が素敵です。
pattern_1
【左】昨年、テラス席でランチしたときのコーデ。リゾートワンピースを少しきれいめに、タウン仕様に合わせました。【右】こちらは昔BBQに着て行ったもの。キャップやスポサンでアクティブなイメージに。
Aラインのワンピースって、着まわし力が高い気がする!

3【Alluge】 羽織りとしても使える2wayワンピース

最近、ワンピースとしても羽織りとしても着られるワンピースがたくさん出ていますよね。わたしも気になってひとつ取り入れてみました! 

フェミニンなティアードデザイン、着てみると想像以上にかわいくてテンションが上がります♡ ダークカラーなので甘くなりすぎないのも合わせやすいんです。

羽織りとして着るときは、リブキャミソールやリブタンクに細身のパンツ合わせがお気に入りです。
pattern_1
羽織りとして合わせるときは、ワンピースと同系色でまとめると失敗しづらいです。今回はモノトーンに。
次のページ>>特別な日のためのおめかしワンピースはこちら♡  
77 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ