ファッション
お洋服愛溢れすぎ。弁護士sayaのおしゃれ六法

数年前のお洋服、今年も着られる? アリ・ナシのジャッジと今年流の着こなし方を伝授!【弁護士sayaのおしゃれ六法vol.59】

まだ着られる? もう古い? 手持ちのお洋服をジャッジ

こんばんは。
10月に入っても半袖で過ごす日が続いていましたが、ようやく涼しくなって秋服が着られそうですね。新しいお洋服をおろしつつ気になるのが、「数年前に買ったアイテム、もう時代遅れじゃないかな……」ということ。

毎年シーズンごとに訪れるこの「数年前に買った昔のお洋服、今年も着られる? 着られない?」問題。ジャッジしつつ、今年らしく着るための着こなしポイントをご紹介します~。

【アウター】ゆるっとしたシルエットはマスト。丈は「ロング」か「ミドル」で

「ロング丈」は今年も引き続き大活躍の予感!

ここ数年、主流のゆるっとしたシルエットのロングコート」は今年も大本命アイテム。コートの裾からボトムの裾が出ないように合わせるのが、おしゃれに見せるポイントです!
pattern_1
去年お迎えしたガウンコート、今年もヘビロテします! スカートやワンピースを合わせる場合、コートの裾からボトムの裾が見えてしまうと野暮ったくなるので注意。

新たに「ミドル丈」が登場

ロング丈人気が根強い中、去年からじわじわ出てきたのが「ミドル丈」(股下あたりの丈)。こちらも、ケープやポンチョのような印象で着られる、ゆるっとしたシルエットがマストです。ミドル丈復活とはいえ、5年以上前のPコートなどは、シルエットがタイトで古い印象になってしまうので、手放したほうが◎。
pattern_1
今年は去年以上にミドル丈コートが豊富。去年お迎えしたこのミドル丈ダウンに加えて、ウールのミドル丈コートも欲しいなと狙っています。
大ブームのカーディガンにもミドル丈の波が。細身のロングカーディガンスタイルは少しずつ終わりを迎え、ゆるっとしたミドル丈のカーディガンが主流になりそうです
pattern_1
コートの丈は、潔いロングかミドルかの二択になりそうひざ丈のアウターは古い印象になってしまうので、今年は出番がないかもしれません。
pattern_1
【左】チェスターコートや【右】ダッフルコートという形自体には問題ありませんが、丈感には注意を。ひざ丈前後のコートは手放していいかも。

ショート丈のカジュアルアウターはお休みさせようかな?

ライダース、デニムジャケット、ブルゾンなどのカジュアルアウターは、ゆるっとしたミドル丈ならOKですが、コンパクトなショート丈は引き続き出番がなさそうです。さらに、今年はクラシカルなきれいめスタイルが根強いので、去年までたくさん着ていたマウンテンパーカやブルゾンも、少しお休みムードの予感
pattern_1
次のページ>>トップスは、アイテムそのものより「合わせ方」がポイント!  
63 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ