ファッション
お洋服愛溢れすぎ。弁護士sayaのおしゃれ六法

3秒あれば大丈夫!毎朝のアクセサリー選び「もう迷わない」時短ルール【弁護士sayaのおしゃれ六法vol.51】

アクセサリーを合わせるマイルールとは

こんばんは。
コーデの完成度を高めるのは、靴やアクセサリーなど細部の小物だと思っていて……お洋服以上に、靴やアクセサリーを集めるのがだいすき。
といっても、忙しい朝に、ネックレス、ピアス、ブレスレット、リング……とじっくり合わせている時間はありません。今回は、そんな朝の時短のために、わたしが実践しているテクニックをご紹介します。

まずはアクセサリーを「色」「太さ」で分けます

アクセサリーを合わせるときは「地金の色を揃えること」「地金の太さを揃えること」を意識すると、統一感が出ておしゃれに合わせられます。まずは手持ちのアクセサリーを、地金の色と太さでざっくりとグループ分け。

あとは基本ルールに沿って合わせるだけ!

暖色やベージュ・ブラウン系のコーデ → ゴールド
寒色やグレー・モノトーン系のコーデ → シルバー
コンサバなコーデ → 華奢なもの
カジュアルなコーデ → ゴツめのもの


というルールに沿って合わせれば、だいたいうまくいきます!

では、合わせ方別にもう少し詳しく説明していきますね。

【暖色系・コンサバなお洋服の場合】→「ゴールド」×「華奢」アクセ

わたしがよく使っている「ゴールド」で「華奢」なものはこちら。
pattern_1
a~cのネックレス / すべてNOIR DE POUPEE d 一粒パールのピアス / MIKIMOTO e バングル / JUICY ROCK f 腕時計 / agete first g・h パールのピアス・イヤカフ / いずれもhirotaka
暖色系かつコンサバなお洋服に合わせています。単品でも使えますが、基本は重ねづけです。シンプルなセットアップなら、ネックレスもイヤカフもリングも、とことん重ねづけして華やかに
pattern_1
a~cのネックレスを重ねづけ、d・g・hのピアスとイヤカフを重ねづけしています。eのバングルとfの腕時計もそれぞれ着用。地金の色と太さが統一されているので、たくさん重ねづけしてもごちゃごちゃしません。
デザインを統一してグループにしているものもあります
pattern_1
a ピアス / cuicui b・cのネックレス・dのブレスレット / いずれもNOIR DE POUPEE eの腕時計 / agete first
pattern_1
シンプルなワンピースは、アクセサリーの重ねづけで華やかに。ネックレスと手元のアップ。こちらも地金の色と太さを合わせ、パールデザインで統一しています。
2つのネックレスとブレスレットは同じ日に同じお店で買ったもの。ピアスも同じ日に、このネックレス&ブレスレットと一緒につけることを想定して選びました。アクセサリーを買うときは常に「どのアイテムとセットでつけるか?」を念頭に置いて選んでいます
次のページ>>華奢アクセは、服の色によってゴールドとシルバーを使い分け  
55 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ