ファッション
お洋服愛溢れすぎ。弁護士sayaのおしゃれ六法

この服に合う靴はどれ? 夏の足元コーデの正解をお教えします。【弁護士sayaのおしゃれ六法vol.49】

靴にこだわってみると、コーデの完成度がぐっと上がるんです

お洋服を着たあと、いざ靴を合わせてみると途端に「なんだかバランスが悪いな?」「垢抜けないな?」と思うことがよくあります。そのたびに、コーディネートで1番大切なのは靴だよなぁと実感。このコーデに最適な靴はどれだろうと研究する毎日です。

そこで今回はわたしなりに、こんなコーデにはこんな靴が合うのでは! と発見した相性のいい組み合わせをご紹介します。

お仕事コーデの足元は、夏でもきちんとパンプス

この季節、ファッション特集を見ていると「オフィスコーデ」と銘打つ企画も足元がサンダルばかり……。中には職場にサンダルを履いて行けない方もたくさんいるのではないでしょうか。
個人的には、職場でサンダルOKだとしても、やっぱりスーツやジャケパン、タイトスカートなどのTHE お仕事スタイルは、ヒールパンプスとのマリアージュが最高だなと思うんです
pattern_1
スーツ、ブラウス×タイトスカート、ジャケット×テーパードパンツなどのお仕事スタイルには、シンプルなハイヒールが1番合います♡
ハイヒールはシンプルなポインテッド黒・ブラウン・グレーが使いやすいです♡
pattern_1
暖色系のコーデにはブラウン、寒色系のコーデにはグレー、困ったら黒を合わせます(笑)。

カジュアルなお洋服にはカジュアルな靴をぶつける!

わたしのささやかなこだわりで「リゾート感・カジュアル感の強いコーデにはヒールの靴を合わせない」というルールがあります(笑)。お洋服と靴のテイストを揃えた方が、バランスのいいコーデになるような気がするので、もっぱらフラットシューズを合わせます。
pattern_1
リネンのスカート(左)やリゾートワンピース(右)にはカジュアルなフラットサンダルを合わせています。
低身長なので、リゾートワンピースやリネンなどカジュアルなスカートを買うときは、「フラットを履いて引きずらないか?」をよくよく注意しています。スカートならウエストを折って履くことも。今トレンドの「厚底フラット」も、このお悩みを解決してくれます。ちなみに夏は暑いのであまりスニーカーは履きません。
pattern_1
出番の多いフラットサンダルたち。フラットサンダルでおフェミニンな雰囲気をキープしたいなら、色は黒、ストラップなどが全体的に細いデザイン(左上のようなもの)を選ぶと◎。
次のページ>>「お嬢さんぽい上品さ」を与えてくれる靴  
32 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ