ファッション
お洋服愛溢れすぎ。弁護士sayaのおしゃれ六法

<最新版>「プチプラなのにおしゃれで高見え」コーデの作り方を伝授【弁護士sayaのおしゃれ六法vol.63】

マイワードローブには、プチプラアイテムがマストです。

おしゃれにかけられるお金には限りがあるので、幅広い着こなしを楽しむにはプチプラアイテムが欠かせません。お金をかけるところとプチプラで支えるところをしっかり見極め、着こなしのバリエーションを増やしたいと日々研究中。そこで今回は、プチプラアイテムを選ぶポイントと、高見えさせるコーデ術をご紹介したいと思います。

まず「安見え」するNGアイテムを知っておこう

プチプラアイテムをおしゃれに合わせるためには、そもそも「安っぽく見えない」アイテムを選ぶことがとっても重要。まずは、普段プチプラアイテムを買うときに気をつけているポイントからお話します。

①しわが目立たないか確認する

お洋服のしわが目立つと一気に安っぽく見えてしまいます。陳列されている時点でしわが目に付くお洋服は買わないようにしましょう。
また、コットンのブラウスやシャツを自宅でお洗濯する場合、アイロンがけが必須になります。アイロンがけが苦手なら、コットン素材はそれなりのお値段のものを選び、プチプラではレーヨン・ポリエステル素材を選ぶようにするのがおすすめです

②特に注意すべき色は「白」と「黒」

プチプラの白アイテムは透け感が強いものが多く、安見えしやすいです。厚手のニットやTシャツなら大丈夫ですが、薄手のアイテムは白を避けた方が無難かも白はしわも目立ちやすいので……
黒はプチプラバレしにくい色というイメージがありますが、素材によっては吸着したほこりが目立ち安っぽく見える危険があります。これからの季節だと、プチプラのウールコートなどもほこりがつきやすいので、黒を買うときは注意が必要です。

【アイテム別】プチプラアイテム選びのポイント

【トップス】これからの季節なら、冒険カラーのニットがおすすめ

プチプラでトップスを買うなら、しわにならず透けないニットがおすすめ。個人的に、ネイビー、キャメル、グレーは値段の差が出やすい色だと感じているので、プチプラで買うのはベージュ・ブラウンかカラーニットが多いです
pattern_1
手持ちの2,000〜5,000円くらいのニットたち。ベージュ系やカラーニットが多いです。

【ボトム】スカートよりもパンツの方がプチプラバレしない

フレアスカートならひだの入り方、レーススカートならレースの素材感と色、タイトスカートならシルエット……と、スカートは安っぽく見せないためにクリアすべきポイントが多いので、プチプラで素敵なものを探すのが結構難しいなと感じています。なのでプチプラのスカートはほとんど持っていないかも。
一方、パンツはプチプラでも高見えする上質アイテムがたくさん出ているんです。買うならパンツがおすすめ。
pattern_1
シーズンごとに新作をチェックしているUNIQLOのスマートアンクルパンツ&スマートスリムストレートパンツ。いずれも3,000円くらいです。お仕事パンツはこれで十分!

【バッグ】注意すべきは「ストラップ」

バッグ本体が高見えでも、ストラップに変な折り癖がついていると一気に安っぽく見えてしまうので要注意。ストラップの状態が確認できない通販では、バッグは買わないようにしています。

【アクセサリー】プチプラバレしないのはピアス!

プチプラでもバレにくいのはピアスです! 肌に触れる面積が多いもの(特にリングやネックレス)は、メッキ剥げや黒ずみが目立つためプチプラを避けるようにしています
pattern_1
ビジューのアクセサリーは、金属部分の黒ずみが目立ちにくくプチプラでも高見えするのでおすすめ。
また、高価なものとプチプラのものとで差が出やすいのがチェーン。プチプラで買うなら、チェーンがないか目立たないデザインのものを選ぶと◎

わたしのプチプラお気に入りブランド♡

プチプラアイテムは、主にUNIQLOでTシャツやタイトなニット、GUでパンツ類、ZARAで靴を買うことが多いです。また「Alluge」「settimissimo」というブランドがお気に入りで、シーズンごとに通ってプチプラ高見えアイテムをGETしています♡
pattern_1
【左】settimissimoにて3,000円くらいで買った花柄ワンピース。【右】Allugeにて4,000円くらいで買ったレース袖ブラウス。
次のページ>>「プチプラなのにおしゃれで高見え」コーデをつくる4つのポイント!  
52 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ