ファッション
お洋服愛溢れすぎ。弁護士sayaのおしゃれ六法

スニーカーで大人きれいめコーデ! 身長156㎝でもスタイルUPできる簡単ルール【弁護士sayaのおしゃれ六法vol.29】

スニーカーを履いても、きれいめに、バランスよく見せたい!

春になると出番が増えるスニーカー。最近は、「スニーカー通勤」もすっかり定着してきたと聞きます。
スニーカーは履きたいけれど、きれいめな印象はキープしたいし、身長もそんなに高くないから、スタイル悪く見えないかも気になる……。スニーカーを履くときは、いつも試行錯誤です。

そこで今回は「きれいめでスタイルよく」が大前提の、スニーカーコーデのつくり方をお話します!

最近よく履いているのはこんなスニーカーです

「はじめの1足」は、断然白スニーカー推し!

もしこれから1足目のスニーカーを買うなら、きれいめ派におすすめなのは断然「白スニーカー」です! オフホワイトでも生成りでもなく、本当に真っ白を。かつ、できるだけ目立つデザインやラインのない、シンプルなものの方が、きれいめなお洋服たちに馴染みます。革ならよりきれいめな印象に。
pattern_1
【左】コンバースは、きれいめ派ならローカットの方が使いやすいです。【右】スタンスミスはベロと踵の色によって雰囲気が変わるので、目立たない色を選ぶと◎。わたしのはグレージュです。
どちらも5年くらい前に買ったもの。その頃は黒のコンバース(ローカット・ハイカット)もよく履いていたのですが、最近はトレンドが変わり出番が少なくなりました。一方、同じ頃に買った白スニーカーは変わらず出番があります。意外と流行り廃りなくずっと履けるので、1足持っていて損はありません
pattern_1
特に優秀なのは白コンバースのローカット。ほぼ白のフラットパンプスと同じ感覚で合わせることができます。シャツ素材のワンピースとの相性は抜群です!

イマドキな派手スニーカーと、大人っぽく見せられる黒

最近は、ソールが厚くボリューミーなスニーカーが主流です。中でも、カラフルな色柄の派手スニーカーがたくさん出ていますよね。
派手スニーカーには挑戦したいけど、うまく合わせられるか自信がない……と感じる方は、モノトーンか同系配色のものを選ぶのがおすすめです。わたしの選んだ派手スニーカーも、多色なうえにアニマル柄まで入っていますが、すべて同系色なので、意外と合わせやすいんです。
pattern_1
Lucidaのアニマルダッドスニーカー。選ぶときにこだわったのは、①ボリューミーなソール、②くすみカラーのワントーンの配色でした。
pattern_1
HOKA ONEONEの CLIFTON5です。ランニングシューズなのですが、ボリューミーな形とモノトーン配色が合わせやすく、おしゃれ用として履くことも(笑)。

バランスよく見せるための、「ボトムとスニーカーの関係」

スニーカーを合わせるときに気をつけているのが、「スタイルが悪く見えないか」と「子どもっぽくなりすぎないか」です。これらをクリアするには、何よりボトムとスニーカーの組み合わせがキモ。これまでわたしが試行錯誤して見つけた相性のいいボトムとスニーカーの組み合わせに、大人っぽく見せるためのトップス合わせや配色も含めてご紹介します。

「足首見せフレアスカート×白スニーカー」ならテク要らず!

きれいめでバランスのいいスニーカーコーデの代表は、「フレアスカート×白スニーカー」の組み合わせ。
特に、足首が見える丈のフレアスカートと、コンバースなどのローテクスニーカーとの相性は最高です♡ 足首から靴にかけての「華奢さ」を強調することで、目線を縦に、バランスよく見せられます。スカートは、花柄でもレースでも、結構何でも合いますよ~。
pattern_1
花柄スカート×白コンバースのローカット。真っ白なスニーカーを合わせることで、抜け感が出ます。
トップスは、ブラウスだとちょっと甘すぎて、スニーカーとちぐはぐな印象に。スカートがフェミニンな分、少しカジュアルに寄せた方がまとまりますシンプルニット白T&マウンテンパーカなら、カジュアルに寄せつつもきれいめ感をキープできるのでおすすめ。
pattern_1
プリーツスカート×スタンスミスはきれいめカジュアルの定番です。シンプルな黒ニットにシルバーアクセサリーで、大人っぽく。
pattern_1
レーススカート×白コンバースのローカット。スカートとマウンテンパーカを同系色(モスグリーン系)でまとめて、大人っぽい雰囲気に。

【NG例】足首も足の甲も隠れると、バランスが悪くなります。

ロング丈のフレアスカートは要注意。足首まで隠れるロングスカートにスニーカーを合わせると、抜けが全く出ず、バランスが悪く見えてしまいます。スカートを折って短くして、足首を見せるか、足の甲が見えるフラットパンプスを履くか……足首か足の甲、どちらかは見えるようにしましょう
pattern_1
【左】ロングスカート&ロングトレンチとスニーカーとの間に抜けが全くなく、ちょっと息苦しい印象。【右】足首~足の甲の肌がちらっと見えるだけでも、抜けが出てバランスがよくなります。
次のページ>>即おしゃれ見えする派手スニーカー、かんたんに合わせられるたったひとつのポイントは?  
58 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ