編集部|占い
01.Dec.2015

【水星人】の2020年上半期恋愛運

悪い男には要注意! 危険な恋の誘いは絶対に断って

pattern_1

【水星人+】好きなタイプに出会っても、自分から誘うのは絶対NG!

大殺界2年目の水星人プラスの運気は、運気が最も落ち込む【停止】のタイミング。こういう時期は不思議と相手への思いやりを忘れがち。愛を育むどころか、間違って自分から放棄してしまうことすらありそう。

2020年は「今年の自分はいつもと違う!」と言い聞かせてください。どんなに好きなタイプの男性から声をかけられたとしても、気安く連絡先を交換したり、自分から誘ったりしてはいけません。そして、男性から声をかけられた場合は、一段と注意が必要です。あなたはほんの遊びのつもりでも、あとでこじれる予感が……。この一年は恋愛トラブルがさらに運気を下げることになるので、ちょっと潔癖すぎるぐらいがベスト。

元々家庭運が弱い水星人は、万全のタイミングで結婚をする必要があります。この1年はどんなに大好きな彼がいたとしても、結婚に踏み込むのは見送りましょう。

2020年の愛情面はとても不安定。彼や自分の好きな人を信じられなくなるかもしれません。でも、そんな時だからこそ、彼との〝絆〞を大切に、甘えたり頼ったりして乗り切ってください。

【ラッキーDAY】

6月8日、6月20日


【水星人-】結婚は2021年に持ち越して!甘い誘惑に気を付けて

2020年から大殺界に入る水星人マイナスは【陰影】といって、洞察力や判断力が鈍りがち。ということは、出会った男性を見抜く力もいつもより弱くなります。こういうときに、既婚者からのアプローチやお金目的のダメ男が近寄ってくる可能性もあるので、慎重に男性を選んでください。

もし男性から告白されても、その人の素性がわかるまでは簡単にOKを出してはいけません。付き合いをスタートさせる場合も、じっくりと時間をかけて相手を知る努力が必要です。

彼がいる人は、結婚や同棲の話を自分から切り出すのはもちろん、誘いにのるのも良いタイミングではありません。大切な人との距離を縮めず遠ざけず、いい距離感で現状維持をしてください。彼や好きな人、旦那さんにはいつもよりも感謝の気持ちを直接伝えて、頼りにしてください。

もし恋愛で不安を感じたりトラブルが起こったりしても、慌ててしまっては余計に傷口が広がってしまいます。嵐が過ぎ去るのを待つ覚悟で自分磨きをするのが◎。いつもより長めのバスタイムの時間をとって気持ちを落ち着かせて。

【ラッキーDAY】

5月4日、5月16日、5月28日

占い監修/細木かおり 構成・文/西村真紀
 
13 件

キーワード

急上昇キーワード

新着記事

あなたへのおすすめ